日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

筋肉マンよりもストロングマン

f:id:hateblochang:20190428211228j:plain

ワンハンドプッシュアップ

 

マッチョを目指すと必然的に重量アップを目指すため、ケガにつながりやすい。

 

重さを求めすぎることで関節が削られていくからだ。そうなると必然的に不自由な老人生活が待っている。

 

筋力がすべて、という概念はフェイクだと思う。

 

筋肉派?ストロングマン派?

 

オレはあくまで身体が持つ本来の機能(力)を全開にしたい(覚醒)派だから、必要としているのは、常に「機動力」となる。よって常に現在のカラダを意図したように動かせるか、支えられるかが焦点となる。

 

強さ以上に可動域の幅を広げることであり、関節の強化にフォーカスしているよ。これをオレはストロングマンと呼ぶ。

 

どこまでの筋力強化をしていいのかは体が応えてくれるから、筋力のバランスを見ながら、少しずつ使い方をマスターしていくのみだ。

 

これが筋トレスパイラルだ

 

そこまでは、筋トレをして、理想のカラダを獲得して、自尊心を高めるといい。

 

すると、自信となり、異性に対しても積極的になれるだろう。結果として、ヒットする確率が上がるから、モテる、という結果につながっていく。

 

ここまで来ると成長スパイラルは加速して、挑戦意欲にますます火がつくだろう。気が付けば性格はポジティブになり、光あるところには、同じ志の同志たちが集まり、人生が充実していくのだ。

 

これを筋トレスパイラルと言う。

 

中身を磨くことも重要だが、中身のコアとなる人柄、性格、頭脳、経歴などは外見からは見えない。

 

しかし、筋肉は丸見えだ。

 

筋肉丸見え状態になると、自己コンロトールができ、目標達成力があり、生物として強く、肌ツヤがいい、ということがそれだけでわかってしまう。

 

まずは外見を磨き、自分が花となり、美しい蝶を引き寄せるべし。ここまで来ると恋の駆け引きなどはどうでもよくなってくる。

 

自分からアタックするにしても、筋肉パワーで自分から思いを伝えるのみだ。どこまでいっても、その先をコントロールすることはできないから、イエス or ノーを決めるのは相手の役割となる。

 

駄目だったら筋力不足と深く認識をして、再びトレーニングに没頭したらいい。

 

少なくとも適切なトレーニングを課していけば、異性が理想とするカラダだけは100%手に入れることができる。

 

付け加えるなら、世界に出る場合は、英語だけを勉強しても無駄だ。

英語以上の共通言語は、筋肉にあるからだ。筋肉は勝手に語る。

 

これは外に出るとマジでわかる。

 

グローバルに活躍したいなら、筋肉を通して相手とコミュニケーションが必要となってくる。

 

筋肉トークができれば、多少語学力が弱くても、秒で相手と打ち解けられるはずだ。特に日本人は、語学+αのα部分を軽視しがちなのだ。

特に日本人男性は瞬殺でなめられる。アメリカ大陸の白人くんたちには特にそうだ。

 

だから、危険な生物である、と認識させられるかどうか、が勝負となってくる。筋肉ライフは平穏をもたらす武器だと言える。

 

追伸(先週のトレード結果)

f:id:hateblochang:20190428210957j:plain

トレード結果4月26日

 

シナリオ通り愚直に向き合い、平成相場を終えたオレ(厳密には株式市場のみで、FX相場はまだあるけれど)。

 

淡々と継続して、定期的に出金し、未来ある企業(株)たちに長期でぶっこんでいきたい。