日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

南国ライフの注意点

f:id:hateblochang:20190524123559j:plain

半南国ライフの修行中

 

南国と聞くと、さわやかなイメージがあるが、南国には南国なりの大変さがある、という話。

 

 南国ライフの注意点

f:id:hateblochang:20190524123224j:plain

フィリピンセブ



例えば良く行く場所のひとつとしてフィリピンのセブ島がある。

 

特徴としては、雨季が6月から始まり、7月~9月がもろに台風シーズンとなる(日本も大きく影響を受ける)。よってこの時期はできるだけ避けるのが無難。

 

雨季と乾季は知っておく必要があって、熱帯、亜熱帯の国は雨季になると感染症が激増するからだ。

 

つまり、蚊がやっかいになる。

 

例えば、テング熱(まだ経験はないが経験者曰く、本当に死にそうになるようだ)。

 

こういったことは、日常茶飯事に発生するし、発症したら2週間前後は入院することになる。

 

だからベストシーズンである乾季がいいとなるが、年末のクリスマスが近づいてくると治安が悪くなる国は案外多い。

 

だから南国へ行くなら、10月中旬~11月と1月~3月あたりばベスト。4月~5月は花粉回避としてもいいし、おそらく海の透明度はMAXにキレイな時期。ただ最高気温が高くなるので(40℃を超す日もある)、人によっては厳しいかもしれない。

 

とにかく雨季は注意されたし、だ。

 

飛行機の欠航、遅延などは平気で起こるから、あらかじめ考慮した上で日程を組んでおくといいだろう。

 

いつリスタートするかわからない家族旅行での欠航、遅延は相当ダメージとなるから、航空券をゲットする際は必ずキャンセル可能な日程を確認しておくことだ。

 

スキミング防止は必須


もうひとつはスキミング。

 

要は、クレジットカード情報などを特殊な機械でクレジット番号を盗み取られて不正利用される、ということ。海外でやられるとかなり面倒であるのと、観光客、特に日本人は常に標的となりやすから注意しておいた方がいい(国内でも被害は多い)。

 

ちなみに個人的に使っているのはコレ。

 

防水を兼ね備えた優れもの。

 

スキミング防止ポーチ

f:id:hateblochang:20190524122849p:plain

スキミング防止ガジェット

 

実際使ってみた感想は、非常に薄いものの容量はちょうどよく、機能性のチェックで例えばSuicaなどの電子マネーをこのポーチに入れて使おうとすると拒否されることからも効果があることがわかる。

 

最低限の武装はしておいた方がいいだろう。

 

大気汚染チェック

 

もうひとつは大気汚染だ。日本なら4月が花粉症ピークでその後は黄砂でさらにPM2.5と続くから防衛しなければならず、つくづく厄介なシーズンが続くと思う。

 

ちなみに5月のピーク前でコレだ。

f:id:hateblochang:20190527081342p:plain

大気汚染リアルタイム

 

中国から風に乗ってダイレクトに影響を受ける(韓国は真っ赤だ)。

 

マレーシアもインドネシアからのヘイズ(煙害)がひどいし、東南アジアは中国を中心に空気が年々汚染されている。

 

セブ島は今のところ年間を通して比較的、綺麗なのだが時期によっては、シティの方は汚染度が上がっている。目に見えないだけにこういったことも調べてみるといいだろう。

 

 

 ※Line@とツイッターは以下から登録できます。スマホからは登録先が見つからないということでご案内です。

 

 

友だち追加