日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

モテる方法(男性編)

実は統計学的に見てもモテる方法は随分前から解明されている。

 

こういったテーマは、世界中、様々な論文があって興味深いのだが、男性を対象に今回はシェアしてみたいと思う。

 

科学的にモテる方法

 

例えば、イギリスの人類学者であるロビン・ダンパー先生

 

f:id:hateblochang:20190522095016p:plain

ロビンダンバー先生。モテる年齢は何歳か

 


彼が証明したのは、科学的に「人間が一番モテる年齢は何歳」という研究結果だ。

 

年齢的に言うとこれは、

 

「一番女性からモテるピークは35歳~40歳だ」

 

ということです。

 

f:id:hateblochang:20190522094847p:plain

モテる年齢

これは筋肉学から言っても非常に理にかなっている。これをもう少し掘り下げていこう。


人生の満足度トップ3


男性の場合は、

 

1)経済的安定
2)身体イメージ(肉体強化)
3)見た目


この3つで人生の満足度のほとんどが決まる。つまり、2の身体イメージはセルフイメージであって、鍛えればいい。

 

見た目は、顔は整形しない限り変えられないが、筋肉で見た目(肌年齢も)は変わる。

 

だから30代~40代で鍛えている場合、相対的にその他のオスは鍛えていないので、メリットしかない。

 

目立つし、自尊心も高くなるし、満足度も上がるから余裕が出る。だから女性がそれを察知して、モテる。

 

異常にモテる。

 

気になるものの、恥ずかしくて、声をかけられない状態だ。

 

※海外だとスーパーで買い物をしていても、女性に声をかけられることが多くなる。

 

ちなみに女性の場合、満足度を高めるには、

 

1)経済的安定
2)恋愛(パートナー)
3)外見に対してのセルフイメージ

 

という順位だ。つまり、外見はお金と同じくらい人生に影響を与えるのだ。

 

ハッキリ言えば、自分で自分の見た目に満足できれば、人生は大半、勝利(満足)する。

 

外見的なイメージを強化すれば、自尊心が高くなるし、生活満足度があがる。そして自分ひとりで出来る。誰でもだ。

 

パートナーだとか、経済的なものは、自分の力だけではコントロールできない。人間関係もそうだが、こういった分野は再現性100%とはならない。

 

しかし、外見強化ならほぼ再現できる。

 

モテ期のピークを狙って鍛えろ!

 

だ。


これに関しては、自分の力だけで切り開くことができる。例えモテなくても、人生への満足度が異常値となり、人生が変わるゾ。

 

レッツ・筋トレ・なう!