日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

1億円を貯める方法

f:id:hateblochang:20190617111018j:plain

1億円を貯める方法(億万長者)

今回は割と真剣に「1億円を貯める方法」について考えてみた。

 

大事なのはこの考え方ではないかと思っている。

 

 1億円を貯める方法

 

例えば、あなたが30歳で「貯蓄ゼロ」の状態から30年かけて、60歳の時点で「1億円の金融資産」を目指す、と決意したとします。

 

単純には、運用を考慮せずに年間約330万円の貯蓄ができれば60歳時に1億円(正確には9900万円)の資産が残る。

 

この場合は、月当たり約28万円の積立が必要となる計算だ。

 

「月28万円って給料よりも高いじゃないか!」

 

とスタート時点の30歳の設計時には絶望しかないかもしれないが、その通り。単利では(サラリーマンでは)限りなく不可能に近い。

 

一方で運用を考慮して場合、当然、リスクは伴うものの、毎月13万円を30年間、4.5%で運用できれば、トータルの元本4680円に対して、1億円近くの資産となる。

 

1億円貯めると決めた後が大事?

 

この時点では、皮算用でしかないのだが、大事なのは、目標を定めることで、現実が見えてくる、という点なのだ。この場合、1億円という設定に対して、

 

  • 積立額
  • 年利
  • 運用期間

 

が把握できるようになった、ということだ。

 

逆に言えば、30年で1億円は難しそうだ。月13万円の捻出も難しそうだから、例えば、

 

  • 月10万円
  • 年利4%
  • 運用期間35年間

 

と考える。そうして調整していきながら月10万円ならなんとかいけるかもしれない、となった時に「4%の運用」がターゲットとなるから、これが達成できる金融商品はなんだろうか、という思考になる。

 

4%の運用商品は存在するのか?

 

低金利時代に4%を毎年たたき出す運用商品は少ないもののあるにはある。

 

国内のみで考えるなら、税金面で優遇されているが絶対条件だ。所得控除が受けられるのなら、それだけで利回りに大きく貢献するからだ。

 

そう考えると、国内での運用手段としては、

 

  • iDeCo(イデコ)と呼ばれる確定拠出年金
  • つみたてNISA

 

あたりがまず該当する。

 

当然、手数料は無料でコストのミニマム化が理想なので、

 

  • 購入手数料無料
  • 信託報酬が安いインデックス型

 

は当然として、分散をするわけだが、30年後の未来を妄想すると、新興国は人口比率的に見ても面白そうだ、となれば、新興国株式を中心に、

 

あとは、

 

先進国株式型(日本除く)
先進国債券型(日本除く)

 

といった具合で割り振って積立投資を開始するのがいいだろう。


来る暴落(Xデー)が怖いキミへ

 

金融商品が身近にある場合、最も恐ろしいのは、リーマン・ショックのような100年に一度と言われるレベルの大暴落だろう。

 

大暴落に回避策は基本的には2つだ。

 

  1. ポジションを持っていない、あるいは、事前に著しくポジションを小さくする
  2. 先物の売りや個別銘柄の空売りやゴールドなどを保有することで、損失をカバーする


ただこの2つは日々、相場に向き合っていない限り、正直、難しいようにと思う。

 

であれば、一番無難な暴落回避法は、

 

  1. 早めに売却して現金化、または現金(定期)のみを保有
  2. 暴落が来てから分割して大きくスタートする


ではないかと思う。

 

これは個人例なのだが、リーマン後の約10年間は国内に一切の資産を残すことなく、ひたすら外(外貨)に資産を構築することに集中してきた。

 

※実際のところ東南アジアの多くは外貨預金だけでも4%程度の年利は十分享受できる。


それがようやくひと段落して、将来の国内資産となり得る

 

  • iDeCo(イデコ)
  • 小規模企業共済 etc

 

をスタートさせたという流れだ。


毎月、自動で積立がされて、定期的に利確&定期預金にプールされ、暴落時に一気に出動させるのだ。

f:id:hateblochang:20190617112435p:plain

ideco イデコ 運用戦略

※これは万人におススメできる方法ではないから、マネしないように。

 


暴落時を好機に変える方法

 

リーマンショック時に思ったのは、大きな暴落局面というのは、(一部の)日本人にとってはうれしいことに円高になるのだ。

 

これがどうして嬉しいのかというと、例えば、こういった暴落時に、金利の高い国にロングステイをして、落ち着くのをのんびり待つ、とする。

 

オセアニア圏であれば、ニュージーランドやオーストラリアになるだろう。

 

オレは過去にニュージーランドに一年間、滞在していたことがあり、この国にはまだ当時の銀行口座はまだ残っている。

 

額は少ないのだが、かれこれ10年以上、金利だけが殖えている口座がある(いつでも戻れるように、ワーホリ前に全額ぶっこんでおいたのだ)。

 

リーマンショックでの影響で「1NZD=40円台」と一気に円高となったものの、4年ほどで70円台に戻った。

 

この動きを見ていて思ったのは、暴落時ほどロングステイに最適なタイミングはないし、高金利の比較的、安全な国で定期預金に入れる、という戦略は鉄板だということだ。

 

無理にロングステイする必要はないが、そのタイミングで子供を語学留学させてもいいだろうし、その間に定期預金で「金利」を得て、日本に戻す時には「為替差益」を得る。

 

言葉だけでは難しく感じるかもしれないが、年利をトータルで4%にする、ということはターゲット(4%)が決まってさえすれば、さほど難しくないということだ。

 

逆にターゲットが曖昧であると、欲に負けて無茶をして大抵は吹き飛んでいくのだ。