日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

株のトリセツ、究極型はコレ?

f:id:hateblochang:20190618114739j:plain

株式投資で勝つ型について



株式投資の結論は、中長期の現物による買いオンリー(逆にFXは短期での売り戦略)。

 

尚且つ、理想は3銘柄以下に絞ること。

 

これではないかと思っている。

 

 
株のトリセツ、究極型を考えてみる


資産形成を考えた場合、重要となってくるのは、トータルで安定的にリターンを見込める状態を構築する、ということだ。

 

その理由は、

 

  • 海外不動産
  • 財形型保険
  • 外貨預金(USD、フィリピンペソ、NZD)
  • 仮想通貨
  • 積立投資
  • 投資信託(iDeCo) etc


資産種別で分けると10まではいかないが、細分化してみると、資金投下している分野は30を越える(よってオレは現金はほとんど有価証券化されているから、世間的には貧乏なのだ)。

 

これが良いのか悪いのかは別にして、だから、株は厳選&一点集中でいいと思っている。

 

もちろん、一点集中といっても、厳選銘柄が見つからない時は、

 

  • メイン(中長期) 1~2銘柄
  • サブ(短期) 2~3銘柄

 

と分けるのだが、リターンを考えると一銘柄の方が最大化される。

 

そして、日々、定点観測する銘柄は少なければ少ないほど負担は減るのだ。

 

当然リスクは増すのだが、この前提条件として、大部分は、他でヘッジされているので問題はない。

 

そして、株は現物オンリーなので、持とうと思えばいくらでも持つことができる。

 

10倍株(テンバガー)の可能性を考える


アベノミクス相場と比べれば、これからはテンバガーとなる銘柄は減少するだろうし、その分野も限られてくる。

 

だから国内でどんなに優れている会社があったとしても、より厳しくフィルターにかけなければならないし、

 

「世界で戦える会社なのか」

 

をよく見て行かないといけない。

 

世界と言っても、シンプルに例えば、トレンドとなっていくであろう「AI」で考えてみても、アメリカの企業と戦えるのか、という視点が重要になってくるということだ。


世界的に優位性のある日本企業はコレ


アニメやゲーム文化は日本の方が圧倒的に優位性がある。

 

そして、世界と戦っていける技術を持っているため、こういった要素で考えていくと、可能性がある分野(候補)は出てくる。


株のトリセツ、究極の方法


2銘柄より1銘柄。 

5銘柄より3銘柄以下。

 

数は極力絞っていき、究極が1銘柄。

 

ここまでの絞り込みは難しく時間がかかるため、「3銘柄以下」に絞っていくことだろう。

 

絞ることで、分散するよりも効果が高くなり、勝ち負けがはっきりしているから、ハイリスクではあるものの、ハイリターンとなるのだ。

 

もちろん資金が潤沢にあれば分散してもいいのかもしれないが、分散すればするほど難易度が上がる。

 

これは経験して見ないとわからないかもしれないが、例えば中長期で成長を見込める(テンバガー候補株)を狙うという目的を持った場合、複数銘柄を持っていると、すべての銘柄を定点観測しなければならない負担が大きくなる 


要するに、労多くして益少なし、状態に陥りやすいのだ。

 

例えば、ある銘柄が非常に強い時に、他の銘柄が大きく含み益を出している。

 

この場合、どれを利食って、どれを損切したほうがいいのか、もう少し待てばいいのか、利確後は、どの銘柄に移ればいいのか、など戦略が複雑になるのだ。


一方、厳選した中長期投資なら、定点観測のチェックの負担が減り、より深く分析することができるし、最悪全損した場合のリスクは予め把握できる。


さわるな、危険!株のNG!


株は誰も注目していない時期に買うのが王道だから、雑誌などに掲載される推奨銘柄はまず論外だ。

 

考えもしないで買うのはやめるだけでも損失減となる。

 

そもそも雑誌というのは、出版までに時間がかかるわけで、発売日に買ったとしても、必然的に後追いとなるのだ。

 

そこで推奨するには何らかの意図がある、と思っておいた方がいいだろう。


日経新聞はどうか?

 

約300万人のビジネスマンが読んでいるため、ここにも優位性はないのだが、過熱感(利確タイミング)を検討するのには使えるかもしれない。

 

テレビで紹介された上場企業(株)は買いか?

 

すでに遅い。CM、テレビで出てきた時点で諦めよう。

 

証券会社のおススメ銘柄は買い?

 

これは完全にNGだ。奴らは株を「売る」プロであり、買うプロではない(目的は販売数と手数料をいただくことだ)。


つまり、思考停止状態は駄目だということだ。

 

これを繰り返していると確実に資産が減るから、必ず「仮説」を立てて先回りすることが重要なのだ。

 

もちろん仮説を立てて、考えて行動したとしても、外れることもあるが、そこで反省すれば成長が得られるのだ。失敗しても、必ず次に生かす!ここを確実に意識することが大事。


逆に言えば、NG行為を知るだけでも実は資産減はある程度回避できるのだ。

 

そして、投資は銘柄そのものではなく、「タイミング」の違いが結果に大きな影響を及ぼす。

 

焦って高値を追わない。焦っている時は、「待て」のバロメーターだと認識して、まず落ち着く。その上で移動平均と乖離していること、ダイバー(逆行現象)の回数などを見て底値でのみ入る。

 

こういったことをルールとして持っておけばいい、となる。