日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

ややマニアックな金(ゴールド)の話

f:id:hateblochang:20190729120135p:plain

ややマニアックな金(ゴールド)の話

2009年に香港の某銀行で購入した金貨(ゴールドコイン、ナゲットコインとも言う)について。ややマニアックな話で、これから金(ゴールド)が暴落したら、買いたい、と思っている人向けの記事。

 

2009年の時点で、銀行でゴールドを購入するには、その銀行口座を持っている必要があった。

 

その後、特に使う用途もないため、結婚指輪ならぬ、結婚ゴールドコイン購入後、余った資金で長年保有していたのだが、売る場合のことをあまり考えていなかったと今更気づき、あれこれ聞いてみると、とんでもない事が判明した、という話。

 

ゴールドに限らず、この記事を反面教師として、出口は考えておいた方がいい。これは本当にそう思った。

 

 

ややマニアックな金(ゴールド)の話

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)内で保有していたゴールド(ペーパーゴールド)を売却した際にふと思ったのは、香港の金庫に置いてあったゴールドコインのことだ。

 

ちょうど海外法人も当初の目的としていた「役目」を終え、必要なくなったので、清算手続きがてら、ゴールドコイン(10枚)も売ってみようと思ったのだ。

 

※当時の価格から約30%超値上がり。

 

早速、電話で確認を取ってみると、どうやら売るときにも当時、購入した銀行口座が無ければ窓口での買い取りは制限される、という内容だった。

 

つまり、銀行からすれば、買い取った分のお金は、現金での受け渡しではなく、口座に対してのみ入金されるようなのだ。

 

さらに口座を持っていたとしても、購入時の領収書(レシート)が無いと買い取りできる数は、コインの場合、最大20枚/1日と言うことだった。

 

「いや、レシートは、さすがにないわー」

 

と思いながらも、10枚しか持っていなかったので、次の渡航時に売って、積立一括分か、現物に換える予定なのだが、法人は何とかなるとしても、香港入りがしたくてもできない(暴動中なので)。

 

ちなみに、売却先を銀行としているのは、街にある宝飾店よりも手数料が安い、という理由だけだ。

 

※宝飾店での売却の場合は、ざっくり3%~5%は手数料で持っていかれる。


ゴールドの未来は?

f:id:hateblochang:20190729120208j:plain

ややマニアックな金(ゴールド)の話

これから5年先、10年先を見ると5年以内では下落。10年先では爆上げする、というのが個人的なイメージだ(グラムあたり1万円)。

 

ただ、売るときのことを考えると、実際に調べてみて、必要な資料等の確認をしてみて、とにかく面倒だとわかった。

 

特に海外の場合だと、

 

  • 渡航する
  • 現金化する
  • 日本国内に持ち込む場合、総額20万円以上の場合、税金が発生する(逆に20万円以下で国内で売ると消費税分、若干の儲けが出る)

 

こんな具合だ。

 

風水的に持っている、という側面もあるのだが、売買時の流動性を見ると、デジタル化した現代においては、何かとめんどくさい資産でもある。

 

例えば、投資信託であれば、金価格の変動が商品化されているだけで、現物にすることはできないのだが(できる、と言っているものもあるが、怪しいものだ)、キャピタルゲインを狙い、だけであれば、ペーパーゴールドならワンクリックで売買できる。

 

当然、不動産も面倒だ。

 

これは超が付くほど面倒だ。

 

買うのは、簡単なのだが、手放すのは、超面倒なのだ。

 

  1. 売却
  2. 現金化
  3. 使用可能な状態にして(税金等差し引く)
  4. 現金を金融市場に投下

 

再投資するにしても、こういったプロセスを経なければならず、さらに国を跨ぐと不動産の場合、大使館で証明された資料の提示などなど、面倒度は倍増するのだ(パートナーがいて、本人が死亡した場合、おそらく出口(清算)までたどり着けないと思う)。

 

よって、ゴールドは、将来的に値は上がるだろうが、あくまで全体の10%をMAXとした分のみとした方がいいだろうし、高齢でゴールドを自宅に置いておく、というのは、逆に危険だから止めておいた方がいいだろう。

 

安全資産が逆に命の危険を高める原因になりかねないからだ。

 

ゴールドに限ったことではないが、定期的に「出口戦略」を考えるのは大事だよ、という話。

 

世界一安く金(ゴールド)が買える場所はどこだ?

 

余談となるが、日本で金を購入した場合、購入時には、消費税がかかり、売却時には、消費税が戻ってくる(金は消費できないからだ)。

 

※海外では非課税が常識

 

よって、増税前に購入して、増税後に売却した場合、利益となる(手数料には注意)。

 

ここ数年、世界で最も安く金を購入できるのは、香港(ハンセン銀行)だったのだが、購入がややこしくなってしまったのと、渡航が難しくなってしまったので、断念。

 

残された国、世界一安く、安全に購入できる場所は、おそらく台湾だろう。

 

購入時の領収書さえしっかり保管しておけば、銀行口座を持っていなくても今のところ買い取ってくれる。

 

逆に言うと、領収書を無くした場合、または台湾以外で購入した金は受け付けてくれないから、領収証も金の一部だと認識しておく必要がある。

 

もちろん「支店」によって外国人の対応は違うのが海外の常識なので、購入できない場合は、2店目、3店目とまわればいい。

 

日本に金を持ち込んで、国内で売却する場合、

 

  • 手数料がかからない
  • スプレットが最も低い

 

業者の「日本マテリアル」が今のところ一番いい。

 

ただ個人的には「メルカリ」の方が高く売れるような気がしている。

 

売却額を確認した後、メルカリでも出してみて、高い方で売ればいいだろう。

 

どちらにしても、金は国内への持ち込みは制限があり、面倒と言えば面倒だ。

 

海外では、領収書と金庫が必須。

 

しかし、将来的に長期滞在したい、という場所があるのであれば、

口座開設にチャレンジして、「外貨預金+金」で持っておくのもいいかもしれない。


アジアの物価は恐ろしく安いのだが、これは「今はまだ安い」というだけで、将来的には、通貨というものは、インフレによって目減りするのだ(東南アジアの昭和の時代はずっとは続かない)。

 

ecodb.net

 

※例えば、フィリピンは2018年のインフレ率は5,21%だった。通貨は目びりして、逆に不動産の価値(家賃含め)は上昇するのだ(インフレ率の高い国で不動産が武器となるワケ)。

 

よって外貨預金を持つ場合は、定期で組み(年利3%~4%前後)一部を金(金貨)で持っておく、というのは、いつ海外に出ても何とかなる、という意味では、心強い資産ではある。