日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

スッキリする方法(90秒~150秒のインターバル×3セット)

f:id:hateblochang:20190825091123j:plain

筋トレ後のスッキリ感をMAXにする方法

運動をした後、スッキリした、という経験を持っている人は多いのではないだろうか?

 

では、これを最大化させるには、どうしたらいいのか?

 

今回は、このスッキリ感を最大化させる方法だ。

 

お試しあれ!

 

 筋トレ後のスッキリ感をMAXにする方法

 

スッキリ感、気分がすっきりする、というのはなんとも曖昧で感覚的な表現だが、実はこの仕組みはまだはっきりとは解明されていない。

 

ただ、現時点では質問紙法(questionnaire method)によって、おそらくこれがベストだろう、という結果が出ているのだ。


筋トレの肝

 

まず運動が気分に影響を与えるのは、その運動の強度にある、ということがわかっている。

 

今回の研究ソース元は、毎回引用させてもらっているNCBI

www.ncbi.nlm.nih.gov

 

 

それから「Human Kinetics Journals」というサイトからのレポートを参考にしている。

 

https://journals.humankinetics.com/view/journals/ijspp/14/3/article-p360.xml

 

 

※Human Kinetics Journalsはログイン作業 → 認証 → ユーザーの証明(学業など)作業までいくつかのステップを踏まないと読めない。

 

1RMってなんだ?

 

筋トレを例にするとわかりやすいのだが、MAXで何回あげられるのかを示す言葉としてよく「1RM」が使われる。

 

これは、one repetition maximum の略で例えば、RMの頭に数字の1がある場合、種目(対象)が「バーベル」であれば、1回バーベルを持ち上げるのが限界の重さ、という意味となる。


スッキリ度MAXの結論

 

爽快感、悦びの感情は、100%の力で限界まで追い込むよりも、70%程度の強度でトレーニングした時の方が増加した、という結果になっている。

f:id:hateblochang:20190825090812j:plain

筋トレ後のスッキリ感をMAXにする方法

 

さらに筋トレビキナーは特にそうだが、スタートしたばかりの場合、1RMの70%の強度でなくても、50%(限界の重要があったとしたら、その半分)まで落としても、気分の向上が得られるとある。


トレーニー中級者たちの戦い方

 

一方、経験者は、より自分の限界に近づけていくようなトレーニングをした方が気分向上効果につながるとされている。

 

これは個人的にも賛成だ。

 

達成感から来る爽快感が中毒となり、継続となっているのは確かだからだ。

f:id:hateblochang:20190825090900j:plain

筋トレ後のスッキリ感をMAXにする方法


(筋トレなど)トレーニングとスッキリ感の結論

 

結論としては、

 

初心者は、ほどほどの重さで行うと効果的。

 

中級者以上は、限界に挑戦していくようなトレーニングが気分向上に貢献する、ということになる。

 


刺激する筋肉の順番はどうか

 

トレーニングを行う「順番」だとか、筋肥大を狙う場合、または競技における筋力の向上などを目的とした筋トレでは、

 

「大きい筋肉(主に下半身)」から「小さい筋肉」へ、というのが常識となっている。

 

ただ、「気分向上」を目的とする場合、この逆のアプローチの方が効果的で、例えば、軽く腕立てや、ぶらさがりなどをした後に、トランポリンだとか、スクワットをする、という具合だ。

 

これで気分爽快感の最大値を狙うことができる(大会前など身体の調整などを行う場合は、このアプローチが効果的だろう)。

 

セット数は、3セット~5セットでいいだろう(これは個人的な見解)。

 

各インターバルは、90秒から150秒程度がいい、というのがレポートからの見解である。


科学的なアプローチというのは、次の日に結論が変わることは日常茶飯事だから、鵜呑みにすることなく、試してみて効果がありそうだなと感じた場合は、加えてみる、というスタンスでいいだろう。