日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

「資産を増やす」にはどうしたらいいのか?その方法がコレ

f:id:hateblochang:20190827092858p:plain

ウォーレンバフェット流 資産の殖やし方

「資産を増やす」にはどうしたらいいのか?

 

今回はその方法を教えよう。

 

 

 資産を増やす方法

 

方法はいくらでもあるだろう。

 

しかし、大きくは2つに分かれる。

 

それが

 

  1. 短期欲求的な行動の連続なのか、
  2. 長期欲求的な行動の連続なのか、

 

ということだ。

 

そして、その圧倒的大多数が早く億万長者になりたい、早く大儲けしたい、美女に囲まれて暮らしたい、といった短期欲求型に流されるのだ。

 

一方、資産を増やすお金持ちへの「王道」でもある長期型はどういうことを考えるのかと言うと、じっくり月利5%でもいいから増やし、負けは最小。増えた分に複利をかけていこう。

 

こんな具合で、コツコツと継続するタイプだ。

 

例えば、5%であれば、毎月資産が1.05倍で考えていけば、長期型思考なので、5年先、10年先を考える。

 

仮にこの条件が継続された場合、10年後は資産は348倍になるのだ。

 

よって、焦る必要はない。

 

じっくり自分の資産に複利をかけていこう。

 

そして稼ぐよりも負けないことを重視しよう。

 

この考え方で資産形成(増加)に取り組んでる人は経験上、超少数だ。

 

例えば、長期積立で見ても10年以上継続できいる者は、少ない。

 

これから米ドルが徐々に力を落としていき、再び円高時代(最大の仕込み時)前夜であるのに、途中でやめていくのだ。


短期志向の行動の果てに…


短期的思考というのは、人間の本能的な考え方でもあるため、仕方がないのかもしれない。


しかし、「早く稼ぎたい人たちの市場」は通常、ライバルが多く、本当に稼ぐことができるのは少数だけだろう。

 

しかし、「月利3%でも5%でもいいから大きく負けないで、コツコツ増やし、複利をかけていく」というアプローチは圧倒的大多数は、「欲望の制御」ができないがためにそもそも参入者が全然いないのだ。

 

そして、これを愚直に継続してきた人こそ、ウォーレン・バフェットである。

 

地味に資産を増やして気づいたら10兆円近くになっていた、という人物だ。


まとめ

f:id:hateblochang:20190827093013j:plain

ウォーレンバフェット流 資産の殖やし方

「最終的」に資産増やすのは圧倒的に後者のタイプなのだ。ほとんどの人は、これから先もまだ何十年かは生きることだろう。

 

であれば、1年間だけ、一瞬だけ儲かっても仕方がないのだ。

 

何十年も稼げるように、何十年間も資産拡大するように、と考えれば、「長期的な考え方」を持っているか否か。

 

ここで差が生まれる。

 

その過程における痛みはすべて快楽だ。