日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

脱税犯、青汁王子による1億8千万円の反撃がはじまった件

 

f:id:hateblochang:20190907162544j:plain

青汁王子こと三崎優太氏による反逆劇



青汁王子のカウンターパンチがはじまった件については、ヤフーの記事に掲載されていたので、ご存知の方も多いだろう。

 

news.yahoo.co.jp



 

青汁王子こと三崎優太さん。9月5日に執行猶予付き判決が出て、国税庁に反撃を開始した、という流れだ。

 

 


過去、多くの勇気ある政治家たちが道半ばにして敗れてきたが、今回は左からN国の立花孝志、右からは山本太郎という流れは、アメリカにトランプ大統領が誕生したように、世界のうねりの中で必然的に起こっていることなのだろう。

 

世界のダイナミズム

 

この数年で起こっていることを挙げれば

 

イギリスのEU離脱

フィリピンにドゥテルテ大統領誕生

アメリカにトランプ大統領誕生

韓国にムンジェイン大統領誕生

マレーシアにマハティール首相誕生

イギリスのボリスジョンソン首相誕生


そして国内では立花孝志氏のN国だとか、山本太郎氏のれいわ新選組など、共通しているのは全て世界的な反上級国民に対しての流れだ。


いよいよ、周回遅れで日本にもそれが伝来してきたのだ。


これまでほとんどの人々は国税庁に楯突くことで反撃、言論弾圧をされることを恐れるからできなかったし、現時点でもそうかもしれない。

 

だから青汁王子のことを表立って応援することも難しいかもしれない。

 

いくら憲法21条の言論表現の自由とは、こういった時のために行政をけん制するための武器なのだが、それがわかっていても難しいのが現実なのかもしれない。

 

ただ、官僚のトップは闇であり、ここが日本をおかしくしている、ということは薄々、皆気づいて来ていると思う。

 

 

N国からはじまっている今回のうねり、反逆は今まで政治に興味がなかった層にまで届くだろうから、今まで大衆に敵として認知させないようにしてきた官僚、役人腐敗は公になっていくだろう。

 

そして、米軍撤退へとつながっていく。

 

自立する日本人が増える起爆剤になるかもしれない。

 

青汁王子と呼ばれる三崎優太という男の執念はすさまじい。

 

アルバイト編、女装編、ホスト編…プライドも意地もかなぐり捨てて、目立ち、この動画を公開する日にあわせてシナリオを作って動いていたのだろう。

 

この執念たるや、尊敬に値する。ホリエモンもこの牙城は崩せなかった。

 

 

 

国税庁の監視部署

 

青汁王子の口からは出てこなかったが、税庁の中には広報公聴部といった部署がある。

 

どんな役割を担っているのかと言えば、ワイのように税に反抗的な人や金持ちたちを監視する部署だ。

 

ここが空気管だとか恐怖国家を作っているのだ。

 

憲法では、憲法21条言論表現の自由に


「 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

 

検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。」

 

とあるが、これは実際のところはほとんど機能していないのが日本だろう。

 

機能していないから、大衆は恐ろしくて税金の不公正さ、世界一の重税国家化においてただ指をくわえて見ているだけしかできない。

 

これが現実であって、役人たちが怪物化できる理由だ。

 

ここに対して、切り込んでいった政治家たちは不自然な形で消えていき、金持ちたちは、諦め日本を離れてきたのだが、N国の立花孝志、青汁王子、など現代のサムライたちが現代の武器を持って、立ち向かっている。

 

命がけだから、見る価値があるのだ。

 

誰も立ち向かえなかった国家官僚に単身で、立ち向かおうとする人間がいよいよ出てきたのだ。

 

ワイも嫌がらせは受ける。しかし、それでも扱う価値はあると思っているよ。