日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

家は買うべきかどうか?追跡調査の結果

f:id:hateblochang:20190906145552j:plain

マイホーム 持ち家派?賃貸派?

個人的に興味のあるテーマはマイホームだ。

 

ワイの忠告を無視してでも、マイホームを買ってしまった筋肉バカ共(敬意を込めて)に対する個人版追跡調査なのだが、場所、タイミングによっては、買い方次第では買ってよかったとなるし、その反対にもなる。

 

以前も少し書いたのだが、今回はその補足&アップデート。

 

www.tradelife.work

 

 

www.tradelife.work

 

 


家は買うべきかどうか論

 

持ち家派の主張は、家賃を払い続けてもそれはお金をドブに捨てるようなものだ、と言う。

 

どちらかというと、家を売る人の営業トークに近い。

 

あとは、自分の理想的な家が欲しいという物欲の集大成として、マイホームを持ちたい。

 

こういうタイプも多い。

 

一方、ワイのような賃貸派は、先が不安定の中で20年~35年のローンを組んで買うのは、ナンセンスだと判断し、リスク要因を重視した論調となる。

 

ただ場所とタイミングによっては話は若干変わる。

 

例えば、暴落時×円高の特殊要因時に買う海外不動産は30%~40%オフ(実体験)で買えたりするから、10年単位で見れば、インフレで毎年家賃収入は上がり、賃貸分は外貨預金としてプールされていき、物件価格ものんびり上昇していく。

 

南国の場合、物件の寿命(耐用年数)20年前後だから、10年程度したら売却して、次の物件へアップグレードしていく、ということもできる。

 

もしくは、現地の消費者独占企業株を購入するのがいいのではないかと思う(ワイの場合は、売却後は、後者の予定)。

 

日本で家を買う場合

 

家を買う場合、例えば、35年間でローンを組むのであれば、条件は35年間、今と同じ、もしくはそれ以上の給料をもらい続けられるのか?

 

この問いに明確に回答する必要がある。できなければ、5Gの登場で、住宅コストが劇的に下がってからでもいいだろう。

 

無理をして購入した場合、ローン期間中(20年~35年間)、何とかリストラを回避しても、健康問題もある。

 

給料も下がり、ローン地獄となる可能性はローンを組んでいる限りはなくならない。

 

途中離脱で住宅を売っても、残債が残るだろう。そうなった場合、そこから賃貸に移っても、残ったローンに追われ続けるから、賃貸分+ローン残債で生活は貧窮する。

 

一方、賃貸派はその気になれば、いつでもより便利な、もしくは安い物件に引っ越すことができる。

 

実際問題、一部上場企業に就職しており、年収1000万円あっても、住宅ローンと子供の教育費に追われて、投資に回らない、というケースは多い(というかほとんどがそうだ)。

 

※ちなみに子供の教育費は、高校から一気に急騰する。


問題点は?

f:id:hateblochang:20190906145740p:plain

マイホーム 持ち家派?賃貸派?

ローンを組む、ということは、レバレッジを掛けて、投資する、という行動と一緒だ。

 

例えば、手元に500万円しかないのに、未来の自分を信じて借金をして5000万円の投資をしているのと同じなのだ。

 

ここには株やFXのように、途中で損切するということが非常に難しい。

 

なので、持ち家は、ローンが払いきれなくなる、というよりも、そこから逃げられなくなる、ということが大きな問題。

 

日本は災害が多い。

 

自宅を放棄せざるを得ない場合、3.11のように損害保険がきかない想定外のケースもある。

 

そうなると事実上住めなくなった家のローンを払い、新しい家のローンも払う二重ローンに陥る。

 

リスク以上に、ローンは将来の可能性を狭めるのだ。

 

さらに価値観の変化は年代によって変わっていくのに対して、持ち家は文字通り、不動産だから場所を簡単に変えることはできない。

 

自分が「こういう生き方がしたい」と思った時に、持ち家があるがためにそれができなくなる。

 

家族の病気、介護にしても、賃貸なら、ベストなポイントに引っ越せばいい。

 

勉強のために海外に出ることもできる。ということで、軍配はやはり賃貸派なのだ。


賃貸派のデメリット

 

高齢者になると家を借りられない、という点はデメリットとしてよく言われるが、一部ではあるのかもしれないが、全体のごく一部だろう。

 

高齢者、無職。でも貯金はある。

 

不動産屋も、少子高齢化のあおりを受けて、相手が高齢者だから、という理由で部屋を貸さなければ、商売にならない。

 

つまり、月々の家賃を払えるキャッシュ。もしくは、キャッシュフローがあれば、年齢など問題ない(ということを聞いたら担当者が教えてくれた)。

 

キャッシュフローの内容は年金であろうと、生活保護であろうと、問題ない。

 

※個人的には、生涯、キャッシュフローが生み出されるものを持っておくことを強くおススメする。これが長生きの秘訣で、取り崩し型はNGだ。取り崩し型は精神衛生上よろしくないのだ。


最後まで仮住まい

 

引き続きヒアリングは継続する予定なのだが、最後まで「仮暮らし、仮住まい」。

 

国内においては、これが結論だ。

 

どのみち自宅で最期を迎えられる人は少ない。

 

高齢者住宅に行くのがオチだろう。

 

どちらにしても、家を買うことで起こり得る不確定要素が強いからワイには無理だ(欲しいけれどね)。

 

  • 家を買っても、隣人が変な人だったら?(隣人トラブルは近年上昇中)
  • ローン破産は?(可能性はゼロにならない)
  • 災害対策は?(保険を使ってもゼロにならない)
  • 人生の自由度は?(持ち家を賃貸に出せる保証はない)

 

一方、賃貸派のデメリットは、限りなく少ないのだ。

 

持ち家派の皆さま、ご意見、反論があれば、是非教えてください。