日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

香港デモの裏側(コードネーム:双菱計画)

f:id:hateblochang:20190919153800j:plain

香港デモの裏側

先に言っておくと、今回話す「香港デモのリーク情報」がもし本当だったとしたら、この予想は外れるだろうな、ということだ。

 

リークとは、それを事前回避、けん制するために使われる手法だから、というのが主な理由。

 

リークしたのは、政治戦略家など複数の肩書を持つスティーブン・バノン。

 

スティーブン・バノンにリークさせた、と言った方が正確なのだろうが、この視点は知っておくといいだろう。

 

香港デモの不自然さはこれで納得がいく。

 

平和ボケしていると常に人類は戦争に直面しているのだ、ということを忘れてしまうからゆめゆめ忘れるなかれ。

 

香港デモの裏側(コードネーム:双菱計画-Double Prism)

 

バノン氏のリーク情報を簡単にまとめると、台湾デモによる中国の本当の目的は「24時間以内」にまず台湾を攻撃する。

 

アメリカが応戦する前に台湾を完全に占領してしまうこと。

 

さらには、福建省には香港に送り出す、という名目で数十万の解放軍が臨戦態勢で待機。

 

香港デモが拡大すればするほど、「台湾」の目と鼻の先にある深セン(香港のすぐ隣)に

 

  • 大量の解放軍
  • 重装備

 

を(公の目に触れながらでも)配置できる。

 

軍事コードネームは双菱計画(Double Prism)。

 

香港はあくまで本当の目的のための駒であり、コーティング。

 

目標は台湾の制圧と事実上の占領。

 

台湾の2300万国民を人質にアメリカと対峙。

 

台湾占領後、南シナ海の軍事基地と連帯して、巨大な軍事網を獲得。

 

その後は一気に日本へ攻め込み、陥落させる(推定3000万人の死者)。

 

これによってアジアをスピード制覇して、アメリカと完全対抗態勢に入る。

 

この計画のスタートの合図は、アメリカが香港の問題に対して、中国に何かしらの制裁を仕掛けた時。

 

ざっとこんな感じだ。

 

不自然な香港デモ

 

香港デモについては不自然な点が多い、という指摘をするジャーナリストは多い。

 

大体が、

 

  1. デモの鎮圧だけにあれだけの武装解放軍(数万~数十万人)、重装備、戦闘車両、武器(ロケットランチャー)、軍用ヘリコプター
  2. 過剰な報道。世界の注目を香港に意図的に向けている。
  3. 香港デモはCIAが紛れ込んでいると煽り、反米感情を植え付ける。
  4. 台湾の不可解な軍事力増強の動き。


このあたり。

 

米国政府がこれを公の場で言うと、不都合なので、バノンにリークさせて、けん制(または)阻止に動いた、ということなのだろう。

 

中国は中国で中国共産党(戦争をしたい側)は存亡の危機にあることはわかっているだろうから、あれこれ手を打つのだ。

 

よって、この(おそらくは)米国政府というかトランプおやじがスティーブンバノンにリークさせたこの情報はあまり報道されていないだろうけれども、軍産側の姿を明らかにする意味でも、重要なポイントだろうと思う。

 

逆に言うと、トランプおやじはそれくらい手ごわく、したたかだ、ということだろう。こういった大規模な戦争に発展するような芽を潰しながら、表面的には喧嘩を繰り返し(いつでも仲直りできる)、システムのアップデートを進めていくだ。

 

明日に続く(香港デモが終わらないワケ)