日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

【検証】本当にドルコスト平均法は誰でも儲かるのか?

f:id:hateblochang:20190923094410j:plain

検証 本当にドルコスト平均法は誰でも儲かるのか? 株 積立投資

今回は、特別にドルコスト平均法について話しておく。

 

wikiさんによると、ドルコスト平均法は以下のようにある。

 

ドル・コスト平均法とは、株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。

 

たしかに一発買いではなく、複数回に分けて購入することで、取得単価の平均化を図ることができ、リスクは分散できるだろう。

 

しかし、その結果どうなるだろうか?

 

ヒアミゴー

 

 

 

本当にドルコスト平均法は誰でも儲かるのか?

 

ドルコスト平均法とは、

 

  • 定期的に
  • 毎回、同じ金額で
  • 複数回に分けて、機械的に買う

 

という投資法なのだが、最大のメリットはこの方法なら「大損」することは難しい、ということだろう。

 

なぜなら平均値で買っていくから、暴落があってもより割安でより多く買われて、トータルでは平均化されるから、無難な方法ではある。

 

しかし、大損することが難しい一方で、大勝することも難しいのだ。

 

例えば、以下の日経平均株価チャート(日興アセットマネジメント株式会社作成)を見て欲しい。

f:id:hateblochang:20190923093803g:plain

検証 本当にドルコスト平均法は誰でも儲かるのか? 株 積立投資

 

投資対象を日本市場とした場合(満期は20年で設定)、仮に1970年からスタートして、1990年までドルコスト平均法で20年間継続した場合は、大きく報われただろう。

 

大損することなく、大勝できたはずだ(10倍くらいになっている)。

 

しかし、1990年からスタートした場合、2010年までの20年間ではマイナスとなる。

 

つまり、ドルコスト平均法とは、その国、市場と数十年間もの間、運命を共にする、という投資法だとも言える。

 

そして、満期を迎える時期の市場は誰にも予測できない。

 

「米国チャートは、毎年約2%の上昇だからこれからも大丈夫だ!」

 

とは言えないのである。

 

だから入り口と出口を見極めが極めて重要であって、ドルコスト平均法を駆使すれば、知らないうちに儲かるわけがないのだ(大抵の場合、丸投げ思考でいい結果は生み出されない)


ドルコスト平均法の結論

f:id:hateblochang:20190923094436p:plain

検証 本当にドルコスト平均法は誰でも儲かるのか? 株 積立投資



ドルコスト平均法は、最初から積立期間を決めた場合であっても、途中で平均値がプラスになったら、そこで一旦、回収するのも1つの方法だと思う。

 

一旦回収をして、そこから暴落を待ち、再びはじめればいいし、満期までの時間を考慮するなら、回収して、より安全なものに投資してもいいだろう。

 

資産運用のコントローラーは、常に自分自身であるからこそ、プラスの時こそ、対処が必要だと思う。

 

繰り返しになるが、暴落時に相対的に強くなるのは、日本円であり、金(ゴールド)なのだ。

 

ほとんどの人は知らないだろうが、実質、米国によるQE4は発動されているから、米国市場は債券市場を放棄した、ということだ。

 

 

ここからの数年間、iDeCo(イデコ 個人型確定拠出年金)にしても、つみたてNISAにしても、長期積立型の投資信託にしても、一旦は利確しておく、という行為は重要な意味合いを持つだろう。

 

まず負けないこと。戦うのは、それからなのだだ。


追伸
長期積立投資の出口戦略は以前にも紹介しているから、以下の記事を参考にしてみるといいだろう。

 

 

www.tradelife.work