日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストのつぶやきブログ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

「テック格差」って知ってる?(豪華客船、クルーズ暮らし族の出現)

f:id:hateblochang:20191117201940p:plain

新興国 アジアのテック格差がエグい Grab foodだけじゃない便利アプリの登場

 

先進国の低迷をよそにこれから東南アジアは一気に(先進国のエンジニアたちによって)最新技術を集結して、強い需要を生み出していく。


だから世界では、

 

「tech(テック)格差」

 

が進んでいく。

 

techとは「ハイテク」の意味。

 

日本は「旧式」のインフラは確かに綺麗だが、これからは道路が多少弱くても(綺麗でない国であっても)空中タクシーで移動する時代に入っていくから、インフラの概念は徐々に3次元的となり、さほど大きな問題ではなくなっていくだろう。

 

だから、ここでも

 

  • 空中タクシーを使える国
  • 空中タクシーを「使わせない」国


ではテックの格差が出てきて、生活の利便性、幸福度はかなり違ってくると思う。

 

オーディオ編

 

 

 

日本の公共交通機関って本当に便利か?

 

日本の公共交通機関は便利だ!と言うが、例えば、タイやマレーシアではその公共交通機関に使う額は半額程度だ。

 

そして、ライドシェアで車で「自宅」から「目的地」まで移動できる。

 

どう考えても、日本の「便利さ」というのは徐々に「旧式」となりつつある、と言わざるを得ない。

 

もちろん距離が延びれば新幹線などは便利なのだが、これも新技術が東南アジアでは導入されていき、いずれは

 

「おいおい、日本の新幹線ってなんでこんなアホみたいに高いんだ!」

 

という疑問が出てくるだろう。

 

一方日本を除くアジアは、生活の利便性、人のスピードが超快適になっていき、所得も上がっていくから、生活の拠点をアジアに置いておくだけで、楽しい未來を享受することができるのだ。

 

言い換えれば、

 

  • 規制規制、とかうるさい国
  • 起業家や投資家を大事にしてイノベーションを推進する国

 

では、完全にテック格差ができて、豊かに、快適に、低価格で暮らせる国は完全に後者だということになる。

 

だから、移住やロングステイのように長期間滞在するなら、起業家や投資家を大事にする国に住むべきなのだ。

 

アジアをうまく活用すると幸福度が上がる?

 

あと4年で人は無人で空を移動し、無人バスが街中を走り、交通ストレスゼロ社会が実現する。

 

もちろんどこかで事故、墜落は起こるだろうが、空中タクシーには、一応「パラシュート」も常備されいるから、パラシュートは念のために練習して、遊びでダイブできるようにしておくといいかもしれない。

 

あと面白いのは、いよいよ5Gの世界では、旅行は行かなくてもVRで出来るようになる。

 

だからじーちゃん、ばーちゃんも自宅から旅行を楽しみ、テクノロジー生活を享受することができる。


こういう変化を起こしていくのが、最近のアジアの国々なので、日本人は「日本」という国の小さなメリットを享受しながらも、他のメリットを個人で獲得しに向かえばいいだろう。

 

Grab food(グラブフード)が激ヤバだ?

前回、ワイが使っているアプリを少し紹介したが、これぞテック格差の最たるものだと言える。

 

これによって自宅はもはや「レストラン」となり、料理をしたくなければ、サッとGrab food(グラブフード)を立ち上げて、好きなレストランのすべてのメニューから食べたいものをポチ子するだけだ。

 

もちろんレストランで食べるよりも割増なのだが、配達料金は50円~150円程度だ。

 

だからもう海の向こうでは、「自宅をレストラン化できる時代」になっているのだ。

 

超絶便利な時代に突入しているのだが、日本ではあまり知られていない。だからこそ、これをうまく活用することで、人生は豊かになりやすいのだ。

 


追伸
ちなみにワイがよく行く場所のひとつにフィリピンのセブがある。

 

ここのデメリットは、輸送システムがほとんど役に立たないということだ。

 

郵便物は届かない(放置、または紛失)。Amazonも利用できないから、アレクサに本も読んでもらえない(マレーシア、タイ、ベトナムなどにもアマゾンはないから、海外配送で配送業者にがんばってもらうしかないのだが、配送業者がルーズだと届かない、という事態となる)。

 

そして、ネットが遅い。

 

などなど、まだまだ昭和の感じは残しているのだが、ここにもシンガポール資本が入ってきており、アマゾンの変わりとなるのが「LAZADA(ラザダ)」だ。

f:id:hateblochang:20191116150115p:plain

lazada ラザダ アジアで便利なオンラインショッピングアプリ

https://www.lazada.com/

 

これでオンラインショッピングはクリア。

 

フードデリバリーサービスも、他のアジア同様、「Food Panda(フードパンダ)」が使えるが、フードパンダのデメリットは、闇雲に提携レストランを増やしたがために配達が遅れがち。

 

よって、最近では「Honest Bee」の方が早くて便利だなーと思っていたのだが、ここにあのGRABが入ってきたのだ(セブは毎日、Grab移動だ)。

 

Grab foodの使い方は、Grabアプリを起動させて「Food」のアイコンを選択するだけだ。

 

※デリバリーできないところには、foodのアイコンは出ない。

 

ポチ子して、1時間程度待っていればOK。だから、日本だけに住む意味はないのだ。

 

持ち家族たちの本音

 

持ち家に関しても、国内に持つのは、リスクが高すぎる、と感じるのはこのあたりが多大に影響しているのだ。

 

もっと言うと、人は年をとると、「広い家」は苦痛でしかなくなるのだ。

 

これはワイの実体験による調査なのだが、限りなく100%に近い確率で、60歳を超えたオッサン盟友らはこう言うのだ。

 

「子供が出て、パートナーと二人だけの生活になると、広い家は苦痛だ。掃除も大変。二階にも行かなくなる。過去の遺物が多く、片付けることも億劫で気持ちが悪くなってくる。とにかく小さい部屋に移りたい」

 

売れるならまだしも売りたくても売れない、二束三文となっていくのが日本市場であり、20年~30年後には、家は余りまくっている状態だろう。

 

一方、海外の場合は、インフレで家賃は徐々に上がり、出口戦略として、売却&次のより新しく&ハイグレードな住処に買い替えることができる。住むだけでも、月5、6万円前後で、プール&ジム付きの5つ星クラスの家に住めるのだ。

 

この違いはデカい。

 

将来はクルーズ暮らし?

 

ワイの感覚としては、近い将来、家はクルーズ(クルーズ暮らし)という層もある程度は増えていくのではないかと思う。

 

3か月かけてのんびり世界一周するのだが、海外の豪華客船のコストは、有名どころでロイヤル・カリビアン・クルーズだとか、プリンセス・クルーズあたりだが、こういったところは、タイミングがよければ、早期割引で最大50%引き、というのもある。

 

www.royalcaribbean.com

 

ざっくり1日滞在コストは120~130ドル。月にすると約45万円前後だろうか。ここに食事(3食分)、洗濯、ベッドメイキング、医療、電気代などなど、乗ってしまえば、それ以外のコストはほとんどかからない。

 

だから、固定費のかかる家などは手放してしまって、1日15000円以上、インターネットを駆使して、稼ぐことができるなら、または金融資産を持っているなら、クルーズ生活をしていた方が煩わしい人間関係は一切なく、何年間も海の上ライフを送ることができるのだ(昔は超富裕層だけの特権だった)。

 

※ちなみに日本の豪華客船、飛鳥は高いだけなので、おススメしない。

 

持ち物を減らし、頭を柔軟にさえすれば、こういったライフスタイルは実は誰にでも手の届くところにある、ということだ。