日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

最低時給は日本の2倍~5倍だと!?ここはワーホリ天国か?(稼ぐための戦略術編)

f:id:hateblochang:20191121091500j:plain

オーストラリアのワーホリ事情 ワーキングホリデーで稼ぐにはこの手順がおススメ

前回の続き。

 

オーストラリアの仕組みを話そう。

 

これがわかれば、この思考を持って応用すればいいのだ。

 

必要なスキル、経験を積むために進んで辛い経験を積む覚悟があれば、未來は明るいのだ。

 

 

 

オーストラリア労働市場の仕組み

 

f:id:hateblochang:20191121091553p:plain

オーストラリアの時給は世界一?オーストラリアの最低金銀のリアル

 

まず日本の労働環境の多くは現実的な言葉で言えば、非常に「奴隷的」だと言える。

 

なぜそう言えるのか、と言うと、経営者側からの視点になるが、例えば、残業代の廃止(残業代ゼロ法案もいよいよ出てきた。いつもの通り、最初は該当する者は少ないのだが、一度骨組みが出来たその後は・・・)。

 

素朴な疑問。

 

残業がゼロになったら早く帰れるのだろうか?

仕事の量は減るのだろうか?


・・・・


企業にしてみれば、残業はさせるが、残業代は出さなくてもいいから、従業員の定額使い放題で、人件費を合法的に圧縮できるのだ。

 

一方、オーストラリアの場合は法律で土曜、日曜、祝日出勤の場合は、給料は2倍近くになる。

 

いわゆる

 

ダブル・ペイ・デー

 

というやつなのだが、こうなってくると、時給で2000円を取っている場合、時給は4000円となるのだ。

 

さらに付け加えるならば、Holidayは「トリプル・ペイ・デー」というものがあり、時給は3倍となる。

 

日本で時給6000円だよ、と言えば

 

「危ない仕事ですか?」

 

と言われそうなのだが、これはオーストラリア政府の決めた労働法なのだ。

 

よって、この期間の時給は2000円なら一気に6000円となる。

 

だから20代は出稼ぎに行け、と言っているのだ。

 

  • 脱藩する
  • 時給の高い国でワーホリ修業に出る
  • 修行しながら、スキルを蓄える
  • 軍資金を殖やす
  • 幸福度を上げる
  • そのまま起業してまえ
  • 次の出稼ぎ国へ(オプション)

 

というのがワイのプランだ。


英語が苦手なら、ホテルの清掃や農場あたりをターゲットにすれば良いだろう。

 

ファームステイの場合、きついけれど、歩合制になっているところが多いから、まさに体力勝負でいけばいい。

 

※ワイの実体験では、1日3万円稼いだことがあり、この瞬間、日本の会社員をやる意味が完全に消えた。


オーストラリアのワーホリ(不都合な現実)

 

オーストラリアの時給は確かに高い。しかし、どんな分野であれ必要なのは、シナリオだ。

 

まず若さだけで、現地の店に雇ってもらった場合、レストランでは皿洗い程度しかさせてもらえないだろう。

 

そこには同じような日本人がたくさんおり、さらに「最低賃金を守っている店」の方が少ないことを知ることになる。

 

だから若さだけでは、オーストラリアでも派遣社員のような扱いとなる。

※ちなみにワイはここからスタートして、チップによってのし上がった。


だからこそ、帰国組からの情報は超貴重なのだ。

 

「なぜアルバイト募集があっても、時給が載ってないのか?」

 

と言えば、

 

  • 違法賃金当たり前、なので載せないパターン
  • 実力主義だから、その人の技量によって値段を決める

 

のどちらかなのだ。

 

英語にしても、必須となっているところが多いのだが、

 

「話せるレベル」

 

などは、その人の価値観次第であり、あいまいだから、こんな基準は無視して、厚かましく突進していけばいい。

 

さらにオーストラリアが冬のシーズンである場合は閑散期となるから、この時期からアルバイト先を探すのは、難しくなる。

 

そして、常に壁となるのは、

 

「経験」

 

が問われる、という部分だろう。

 

Experienced Bartender
Experienced Wait Staff

 

みたいな具合だ。

 

だから、ワーホリに行く前に、いかに準備をして臨むか、が重要で、逆算して、例えば、コーヒーショップで働くなら、日本のコーヒー店でアルバイトをしながら、渡航費を貯めればいい。

 

オーストラリアで展開しているなら尚良し。

 

CoCo壱番屋

worldwide.ichibanya.co.jp

 

は展開していないから修業前には不向きとなるが、マクドナルドは王道だし、すし屋も王道だ。

 

スタバはカフェ文化大国であるオーストラリアではあまり根付いていないが、あることはある。

 

であれば、スタバ経験はそのまま生かせるから、「ブラックエプロン」レベルならなぜ海外に出ないのか?

 

といつも思う(それだけで時給が2倍、3倍となり、海外のスタバ経験はきっと将来も役立つことだろう)。

 

こういった具合で、自分の好きではなく、戦略に沿って進めていけば、現地に行っても超貴重種扱いされやすくなるのだ。

 

ちなみにワーホリの雇用期間は一か所につき最大で6か月。

 

ワイは、完全に修行と捉えていたから、それぞれのアルバイト先で猛烈に働き、次のジョブハンティングをする際には、その店の店長(またはオーナー)から推薦状を書いてもらっていた。

 

一年間、ドラゴンボールで言うところの精神と時の部屋に入っていた感はハンパなく、

帰国後すぐに躊躇なく起業したのだ。


続く。