日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

ワイのマイルの貯め方とマイル用のクレジットカードはコレ(100円決済=1.98マイル)

f:id:hateblochang:20191207150033j:plain

ワイのマイルの貯め方とマイル用のクレジットカードはコレ(100円決済=1.98ANAマイル)

前回の続き。

 

マイルは使い方によって100円決済が「6円~20円」の価値(還元)となるのだが、ワイが使っているクレジットカードの場合は、100円決済で「1.98マイル」貯まる。

 

このマイルを使うことで、ビジネスクラスやファーストクラスに乗るので、100円決済をする度に(ファーストクラスであれば)約20円の価値に最大化している、ということになる(100円の買い物をすると、20%オフになるということだ)。

 

一人で移動する場合は、大体LCCの格安なので、マイルを使用するまでもない(今年はベトナムに100円で行った)。

 

www.tradelife.work

 

独身の場合は、マイルを貯めてもそこまで大きな喜びはないかもしれない。

 

あくまで家族サービスの時に最大限の効果(お得感)を演出してくれる装置なのだと思う。

 

今回はこの話。

 

 ポイントはすべてマイルに還元

 

ツタヤやファミリーマートで使うことができるTポイントカードや楽天ポイントカードが使えるお店で、クレジットカードと一緒に提示してポイント貯めると、100円決済はどうなるのか?

 

まずマイルは1.98マイル

 

そしてポイントは1ポイント(0.5マイル)

 

合計2.48マイル

 

金額に換算すると、7.4円~24.8円の価値(還元)となる。

 

楽天ポイントやTポイントは1ポイント=0.5ANAマイルになる。

 

※dポイントやPontaポイントなども同じだと思う(使ったことがない)。

 

これを例えば「現金」で支払っていると、100円の決済は何度支払っても「0円」だ。

 

これをクレジットカード+ポイントカードでダブルで還元される場合は、100円を使う度に「7.4円~24.8円」になって戻ってくるから塵も積もれば・・・どころの差ではなく、とてつもなく大きな差となるのだ。

 

マイルの貯め方

 

メインで使っているクレジットカードは、

 

「ANA・VISAプラチナプレミアムカード」

 

というやつだ。

 

これで100円が最大1.98マイルとなる。

 

このカードを持っている場合、どこで決済をしても1.98マイルが貯まっていく。

 

もちろん公共料金や税金の決済も1.98マイルだ(20%オフみたいな感じ)。

 

公共料金や税金をクレジットカードで支払う場合、100円=0.5マイルとなるものが多いのだが、ANA・VISAプラチナプレミアムカードには関係ないのだ。

 

よって、使い勝手と還元率で考えると「今のところ」はここ。

 

世はマイル争奪戦みたいな雰囲気もあるから、将来的にはJALが100円決済=3マイルとか打ち出してくるかもしれないが、そうなったら、乗り換えるだけだ。

 

ちなみにJAL派でマイルが最も貯まるのは、SPGアメックスだろう。

 

100円=1.25マイルだ。


マイルはキャンペーンでがっつり大きくなる?


ANAやアメックスはよく期間限定のキャンペーンをやっている。例えばANAの場合は、以前ツイートした通り。登録しなければ参加できないのが面倒なのだが、すでにANAのクレジットカードを持っている場合は、すぐに参加できる。

 

 

アメックスあたりでよくあるのは、クレジットカードを新規で作った後、3ヶ月以内に100万円を使うと、最大8万マイル!みたいなキャンペーンだ。

 

ひと月約33万円も決済しない、という場合は、その通りなのだが、ワイがこの類のキャンペーンを使う場合は、税金の支払いタイミングと合わせて使うのだ。

 

個人の場合、確定申告をした後、3月中旬~4月に所得税や消費税、国税の支払いや予定納税のタイミングとなる。

 

法人の場合は、決算後2ヶ月以内に、法人税、消費税、国税の支払いや、予定納税のタイミングとなる。

 

ここから逆算すればいいし、「自治体」がクレジットカード払いに対応している場合、住民税や固定資産税の支払いタイミングに合わせれば、何か商売をしている場合は、税金+生活費でトータル100万円はそこまで高い壁ではないのだ。

 

100円を1マイルとすると、800万円分のマイルがゲットできるので、利用してみるといいだろう。

 

経営者のマイル事情

 

ちなみに消費税やら法人税を数百万、場合によっては数千万円以上払う場合、ANA・VISAプラチナプレミアムカードであれば、利用枠が足りなければ、電話一本で、利用枠を広げることができる(一応、審査があるから絶対ではないが)。

 

ワイも数千万円レベルの税金を一度に払ったことはないのでわからないが、数千万円レベルでも、事前に現金を振り込んでおけば、数千万円でもクレジットカードでの支払いが可能になる。

 

このあたりがオーナーのためのアメックスと言われる所以、強みなのだろう。

 

もちろん国税をクレジットカード決済する場合、手数料が発生するのだが、それでもマイル換算するとお得なのだ。

 

さらに言えば、国税をクレジットカードで支払う場合、カード名義は誰のカードでも、分割決済でも良し、ということになっている。

 

では、どんなクレジットカードを作れば無理なくマイルを効率よく貯められるのか?年間のコスト(クレジットカードの年間費)はどう考えればいいのか?

 

次回に続く