日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストのつぶやきブログ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

生涯ずっと上級マイラー

f:id:hateblochang:20191209101752p:plain

生涯ずっと上級マイラー マイル編完結 マイレージ・マイライフ

 

マイル編のまとめ。サクッと書いておく。

 

最終的には、航空会社の上級会員を目指すと何かと得をする、という話。

 

つまり、

 

  • クレジットカードを作る
  • マイルが貯まる
  • (さらに突き詰めたいツワモノは)ANAやJALの上級会員を目指す

 

というステップで、上級国民ならぬ上級マイラーとなれる。

 

上級会員(マイラー)の場合、クレジットカードの年会費を払っている限りは死ぬまでステータスはキープできるのだ。

 

ちなみに、マイルに関する情報は常にアップデートされるから、リアルタイムで更新するマイルを愛する者たちはフォローしておくといいだろう。

 

ワイのおススメは以下のマイラー主婦だ。

enjoymilelife.com

 

 

 

マイルのおススメ本の著者でもある。

 

 

 

生涯上級マイラーのメリット


上級会員となるメリットは、

 

・マイルを使う際、特典航空券の予約が取りやすい
・ラウンジを利用できる
・預け荷物や保安検査、優先搭乗など、優先される
・何かとアップグレードされる

 

などなどだ。

 

このあたりは調べてみれば、いくらでもヒットするから検索してみるといいだろう。

 

ANAならSFC、JALならJGCだ。

 

マイル編まとめ

 

普段使いのカードと一気に貯めるカードを持ってもいい。

 

目的があってこそのマイルなので、身の丈にあったものを選ぶべきだろう。

 

マイルを貯めても、旅行に行く暇がない、という場合でも、大企業は年間5日有給+土日(7日間)は連休が取れる環境が増えていく。

 

中小企業でも2020年からは5日有給必須となったので、連休が取りやすい環境になっていくだろう。

 

そこで、マイルを使って、100%オフの時間を年に数回、享受すればいい。大人になるとどうしても100%のオフができない、罪悪感だとか航空代が・・・と諦めるのはもったいないと思う。

 

なぜなら日本のパスポートは世界最強で、世界190か国へ渡航できるのは、日本だけなのだ。

 

自動的に貯まる仕組みを持つということは、興味のある国、好きな国、場所ができればいつでも躊躇なく飛び立つことができる、ということだ。