日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

自分の●●を理解している人間最強説

f:id:hateblochang:20191211103806j:plain

天職にたどり着く方法 成り上がるために FX 株は必須ではない?

世界的な大暴落、国内は預金封鎖論。

 

それで仮にこういったことが現実となった時に強いのは、

 

「どんなポートフォリオを持っているのか?」

 

以上に、自分の特性を理解していることの方が重要だろう。

 

特性とは、特技、才能、天職、などのニュアンスに近い。

 

培ってきた技量だとか、魅力。

 

これが最終的には武器になるのだ、という話。

 

 

 FXをやる必要性はない?


例えばブログでは、FXや株などのトレードや時事ネタ、またはビジネス系の話をすることが多いのだが、FXや株は無理してやる必要はない。

 

それこそデモトレードで半年~1年くらいやってみて、ピンとこなければ止めればいいと思う。

 

FXや株、投資、こういったものは損失を出しても「検証」することで、その後のコスパは非常にいいのだ。

 

例えば、日足、週足レベルで天井になり得るポイントでエントリーしてもロスカットされる。

 

この時点だけで見れば損失であり、負けなのだが、その後、目線を月足レベルに置いて、次の天井となり得るポイントでエントリーしたら、損失分を大きく上回る利益となった、みたいなことはよくあるのだ。

 

だから検証のコスパは非常に高く、その検証の効果を最大限まで高めるツールがFXや株であり、さらに、FXや株の目的は、FX口座や証券口座内の資金を殖やすことではないのだ。

 

これは以前、ツイートした通り。

 

 

何にせよ、この検証(Verify)こそが肝となるのだが、これを教えてもすぐにやる人もいれば、永遠にやらない人もいる。


これは行動力が高い、頭が良い、素直であるとか、年齢、頭が悪い、センスなどの問題ではなくて、本質的には「その人の特性)にあってるかどうか」なのだ。


例えばFXや株やインターネットビジネスの世界ではいまいちだとしても、人間面白いもので、

 

例えば、

 

  • ウーバーイーツだったらとんでもなく稼ぐ人
  • 土木関係で圧倒的な存在感を発揮する人
  • 農業で力を発揮する人

 

などなど、インターネットの世界以外で力を発揮する人はゴマンといるわけで人には、人にあった仕事(天職)があるのだ。

 

これは人間の優劣ではなく、その人の特性に合っているか、合っていないかの問題なのだ。

 

才能が発揮されるカラクリ

 

だから世の中であったり、人生というのは、いかに早い段階で多くの失敗をして、その中から自分で「自分に合ってるもの」を選択し、徹底的に学ぶ。

 

自分の才能を発揮させて、価値を創造する。

 

こういうカラクリとなっているのだ。

 

結果、自分の特性(天職)に沿ったことをしたら、なんとかうまくいく、ようになっている。

 

逆に自分に合ってないことをどんなにがんばっても結果はたかが知れている、というか特性に導かれるために、失敗するようになっている。

 

ワイはたまたまカネを稼ぐことが好きであって、それに関係するもの、例えばチャートを見れば美しいか、美しくないか、というくらいはすぐにわかる。

 

他にも世界金融だとか、経済、政治思想などは未來を予測する道具であり、将来のカネになるから面白いから学ぶのだ。

 

だからこのテーマにおいて、ブログをくらいなら毎日書くことは歯磨きをするのを同じ。

 

暇だから書いているだけで、無理してアドセンスで!とかそういう思考はない。どちらかというと、世間一般の人にこうした話をしようものなら、完全にワイは浮いてしまうのだ。

 

例えばこんな具合。

 

「トランプおやじがとうとうレポ市場に介入して、QE4という名前を変更して、

株の操作をはじめたな」


と言ったところで、世間的には権威あるマスコミやニュースは報道していないから、大抵の人には理解されないのだ。

 

いつものことなのだが、そうやって事前に本質がわかっている場合は、事前に時間をたっぷりかけて対策をして、負けないようにするのだが、リーマンショックしかり、いずれそれが起こって、大衆の多くの聞く耳を持たず、

 

馬鹿にしていた人がどんどん大損したり、借金まみれになったり、命を絶っていくのを時系列で見ることになる。

 

いずれにせよ、例えば、給料の問題で悩んでいるのなら、場所だとか、職種を変えただけで、「自分に合う仕事」が見つかり、そこでは評価されて、給与は上がるのだ。

 

それは日本国内なのか、海外なのかはわからないが、今やどこの世界でも働くことはできる。

 

前にツイートしたのだが、圧倒的なブルーオーシャンだと思う。

 

 


続く