日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストのつぶやきブログ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

まだやってないの?優秀な「プレバイオティクス食」ライフの実践メリット(筋トレにも最高)

f:id:hateblochang:20191218101625p:plain

プレバイオティクス食品 プレバイオティクス インフルエンザ対策 花粉症対策

 

前回の続き。

 

日常的に入手可能であり、コスパの良いプレバイオティクス食品のまとめ。

 

サクッと書いておく。

 

 優秀なプレバイオティクス食品


1.ココア


ココアには、ポリフェノールの一種であるフラボノイドを豊富に含んでいるのは有名だ。

 

代表的な効果としては

 

  • 抗酸化作用
  • 免疫力を整える
  • ストレス緩和
  • アンチエイジング
  • 血液サラサラ

 

このあたりだろう。

 

ワイはチョコレートを食べるなら、余計なものが一切入っていないココアパウダーで十分だと思っている。

 

プレバイオティクス食の観点から見た場合でも、ココアの実験は意外と多く、良い腸内細菌を増やしてくれる可能性は大である、と言われている。

 

さらにココアは腸内で一酸化窒素を作り出すことができるから、そのおかげで65歳以上に多い「心疾患リスク」を減らしてくれるから日常的に摂取するべき食材だろう。

 

プレバイオティクス食品、参考論文:

www.ncbi.nlm.nih.gov

 

www.ncbi.nlm.nih.gov

 

www.ncbi.nlm.nih.gov

 

www.ncbi.nlm.nih.gov

 

 

2.アスパラ


アスパラには100gあたり2〜3gのイヌリンを含んでいるから、これもプレバイオティクス食としても優秀だと言えるだろう。

 

ワイも冷凍して常に常備している食材のひとつだ。

 

というのも、善玉菌の増加と抗炎症効果の可能性が高い。

 

詳しく見ていくと、まず

 

「アスパラギン酸」

 

簡単に説明すると、筋肉の疲労によって作られた乳酸を分解して、エネルギーに変えてくれるのだ。

 

疲労がエネルギーに変わるっていうだけで、神食材なのだ。


次に

 

「ルチン」

 

ポリフェノールの一種なので、ココアと似たような効果を得ることができる。

 

高い抗酸化作用を持つ、ということはビタミンCの吸収促進や毛細血管を強くする、ということだ。

 

※個人的な調理方法としては、ニンニクとアスパラを軽く炒めて食べるので、熱によってビタミンCのパワーは減ってしまうのだが、ビタミンC意外にもカルシウムやビタミンAなどの美容効果も持った栄養素が豊富なので、良しとしている。

 

他にも

 

「タンパク質」

 

を含んでいて、100gあたり約2.5gだ(ブロッコリーは100gあたり約4.3g)。

 

他にも

 

  • 新陳代謝の促進
  • 疲労回復
  • 肝臓を守る

 

といった具合で疲労に対しても強いことから、筋肉食としても十分使える食材と言える。

 

プレバイオティクス食材のまとめ

 

他にも亜麻仁(種ベース)だとかキクイモあたりもおススメなのだが、入手レベルなどから考えて、今回は除外とした。

 

個人的にはタマネギとニンニクをベースとした食生活で、イヌリンは血糖値が上がりやすい食事をする前に飲み(ケーキなど)、オリゴ糖は砂糖の代わりに日々の食事に代用する。

 

ココアはプロテインと一緒にのみ、リンゴはおやつ。

 

こんな感じで回していけば、プレバイオティクスレベルは相当高くなるだろう。

 

参考にされたし。