日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストのつぶやきブログ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

メグジットと人工細菌ウイルスであるコロナ

f:id:hateblochang:20200211162025j:plain

island trip 晴れ時々島めぐり

 

どこに行ってもガラガラだ。

 

いい機会なので、しばし冒険中。

 

ブログはサクッとライト版で。

 

気になったコンテンツをシェアしておこうと思う。

 

まずはコレ。

 

以前のような解説はなしバージョン。学びは多い一本だと思う。

 

DMMの亀山会長との対談編:

 

 

 

 イギリスの動きは時間差で日本に来る?

 

ご存じの通り、日本とイギリスは国の構造は瓜二つだ(怖いくらいに似ている)。

 

そして、なぜか日本人のパスポートは、観光ビザで6か月も滞在できてしまう「不思議な」日本人にはなぜか優遇された国なのです。

 

そして、イギリスの動きは遅れて日本にもやってくる。

 

例えば、最近あったものだとこれ。メグジット。

jp.reuters.com

 

わかりやすいように「日本」に置き換えて考えてみよう。

 

例えば、日本で猛威を振るっているのは「外務省官僚」であって、日本の皇室というのは、実際は「彼ら」に幽閉されているようなものなのだ(元は最強戦士、豪族だったのだが、事態の移り変わりと共に牙を抜かれてしまった)。

 

イギリスも一緒。

 

違うのは、イギリスのトランプこと「ボリス・ジョンソン」が大暴れしてくれて、EU離脱となったから、これはすなわち、

 

「官僚たちの権力弱体化」

 

ということだ(ボリス・ジョンソンの勝利で、これは事前にたくさん書いた)。

 

で、だ。

 

弱体化の機を見て、ずっと命の危険を感じていたヘンリー王子らは、イギリスがEU離脱するのと同時にずっと待っていたチャンスを目の前にして、

 

「今だーー!」

 

といって離脱したわけです。

 

そこには「天竜人」の称号など捨ててまで離脱するワケがあるわけで、日本も時間差で幽閉されていた扉が開けば、この動きはリンクしてくると思うよ。

 

こういう話は深読みしていくと、たくさんある。

 

コロナウイルスにしたって、2019年12月12日、というなんとも意味深な数字で、

発覚&公表されたわけだが、その直後に、細菌・生物の教授は武漢からアメリカに帰国後、すぐに逮捕されてるからね。

 

www.justice.gov


結局、こういうところで、学者が中国とつながっていて、コロナウイルスのような人工的に作られた細菌(兵器)を渡して、今に至っているわけだな。前にも書いた軍産のシフト先は、製薬部門なのだ。

 

コロナウイルスよりも怖いのは、アメリカのインフルエンザなのだが、これは報道規制がかかっているのか、あまり出てこない不思議。