日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストのつぶやきブログ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

君はFXワールドと株式ワールドの決定的な違いを知っているか?

f:id:hateblochang:20200215173810p:plain

FX 株 投資や人生での基本戦略

引き続き、FXワールドと株式ワールドの違いについて話していきます。

 

上位知識のオンパレードだから心して読んでつかさい。

 

 

 FXワールドと株式ワールドの決定的な違い


チャートで考えてみると、FXは上にも下にも動き、急騰急落もある。

 

上、下、横ばい、

 

のパターンは株式チャートと同じと言えば同じなのだが、株の場合「倒産」したら初めて「損切り(ロスカット)」と考える資金管理」で臨んだ場合、

 

例えば購入した株価が500円で0円までの幅は「500円」となる。

 

しかし、資本主義が続く限り、その会社が倒産しない限りはこの株価は1000円になることもあれば、5000円になることもあるのだ。

 

仮に5000円になったとしたら、「500円」分の「リスク」だけしか取ってないのにも関わらず、4500円分の利益を得られてしまう、ということになるのだ。

 

だから、

 

「リスクが限定されている」株式の長期投資では常に「下値が限られて、なおかつ株価が0円の無価値(会社倒産)になってもそれ以上の責任追及がされないルール」がある。

 

だから長期投資をずっとする、というスタンスにおいては、ある種、チート的な現象が起こってくるのだ。

 

ちなみにこういうスタンスで選定される銘柄は、ウォーレン・バフェット的に言えば、

 

「消費者独占企業」

 

となるのだが、この場合の倒産確率は、1%未満だからバフェットを分析すればするほど驚かされるのだ。

 

さらにこういった企業の場合、10年~20年保有することで、株価は3倍~5倍、中には10倍以上となるものも出てくるわけで、

 

勝率で言えば、1%の倒産で負けなわけで、それ以外は勝ち。つまり、99%の勝率があり、掛け金の10倍前後を期待できるゲームになってしまうのだ。

 

究極の方程式


方程式にすると以下の通り。


『長期投資×株主有限責任のルール×資金管理』

 

となる。

 

ワイはこれを長期積立投資でも実感した。

 

だから勝率は限りなく99%超に近づき、なおかつリスク1に対してリワードが長期であればあるほど10以上が期待できる構造。

 

この凄まじく負けない構造に気が付くのだ。

 

※だからワイは拠点を「外」に移して、ダウンサイジングを測り、投資効率を高めて加速させるわけだ。


知れば知るほど、実はとんでもなくリスクが低いゲームだった、ということになる。

 

だから、FXなりで資金を大きくしたら、その資金の一部は証券口座なりに移動させて、

株(できれば世界の株)へ移行させる、というのが経済合理的なのだ。

 

わかる?