日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストのつぶやきブログ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

株で負けることが難しくなる『要素』はコレ

f:id:hateblochang:20140610121302j:plain

株式ワールドの住人に学ぶ、負けるのが難しくなるトレード姿勢 FX との違い

株についての続編。

 

前回の記事はこれとこれです。

 

 

www.tradelife.work

www.tradelife.work

 

 

ここまでのおさらいは、「株主」である場合の責任は常に限定的(有限)であって、それは「投資金」以上のリスクが追及されない、という点だ。

 

そして、これを理解した上で、いくつかの要素を組み合わせて資金投下していくと、とんでもないリスクリワード比率となってしまうから、我ながらやっていてビックリぴょんなのだ。

 

そもそも海外の独占企業株の配当金によって、日々の生活コストを上回っていくように、組んでいくわけで、短期売買はあまり考えていない(手数料が高くつくから)。

 

となると、余計に勝率が高くなるのだ。

 

※ただ今の不正株高は、近いうちに頂点に到達するだろうから、一旦はすべてリセットする予定。柔軟に対応しよう。

 

 

 富裕層が作った元祖システム


「東インド会社」

 

というのは、世界史で習ったりして知っている人も多いだろう。

 

東インド会社とは、株式会社制度の元祖だ。

 

日本では新札の顔にもなる渋沢栄一によって設立された「第一国立銀行」だとか、海援隊が日本最初の株式会社という説もあるのだが、世界では、東インド会社が元祖となる。

 

それで当時の富裕層たちが作ったわけであって、つまり、とんでもなく自分たちに有利な仕組みを考えたのだ。

 

そしてこの仕組み(構造)は現代にしっかり残っているのだが、わかるだろうか?


とんでもなく有利な仕組み(要素)

 

結論から言うと、


1.投資する国の人口ピラミッドがきれいか

2.資本主義(株主有限責任原則)が導入されているか

3.「消費者独占企業」の分析


こういったフィルターを加えていき、分析した後は、割安となったところで買う。

 

そして、長期保有する。

 

こうして負けることのほうが難しい状態が出来上がるのだ。

 

あかん・・・ため息が出てきた。

 

そりゃあ、負けないですわ。

 

時間をかけまくれば、そりゃあリスクリワード1:10とかいくわい。

 

だから共産主義者はこの仕組みに不公平だと怒り、反対する。

 

気持ちはよくわかる。

 

時間が経てば経つほどいち早くスタートした者にはもう絶対に追いつけないのだもの・・・

 

株の信用取引はどうか?

 

結論。

 

ワイはやらん。

 

なぜなら株の信用取引などしたら、このとんでもなく有利なゲームは成り立たなくなるからだ。

 

例えば500円で買いつけしたなら、それが300円くらいに下がることは可能性としてはあるだろう。

 

損切りというルールなら、勝率は一気に70%台まで落ちてしまう。

 

これでは99%以上にはならない。

 

保有期間にも限度がある。

 

だから超短期なら別としても、長期保有なら前回話した


『長期投資×株主有限責任のルール×資金管理』


の概念を加えていけばいいのだ。

 

すると、勝率はすさまじく高くなると同時に、消費者独占企業の倒産率は異常に低いから、あとは割安になるのを待って、ターゲットまで来たらGOなのだ。

 

これでリスクリワードが極めて高い仕掛けが成り立つ。

 

だからウォーレン・バフェットは、または彼のゴーストライターはこの核心部分は本には書かないのだが、

 

この本質の上にバフェット投資が成り立っているのは、彼は十分理解しているだろうし、隠している(または編集されている)部分なのだと思う。


続く