日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストのつぶやきブログ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

コロナから身を守る方法(日刊型終了のお知らせ)

f:id:hateblochang:20200401224037j:plain

新型コロナから身を守る方法 新型コロナの日本における死者数から考える

はじめに、ひとつお知らせです。

 

本日を持って日刊型は終了となります。合計477記事、403日間、毎日更新。我ながらよくやったものだと思う。

 

f:id:hateblochang:20200401225918p:plain

BOBOSブログ更新ログ

そのまま閉鎖も考えたのだが、結論としては、もう少しペースを落としてのんびり更新していきます。

 

その分のエネルギーはワイの仲間たちに向けて発射していく。仲間たちをまずはお金持ちにする。これにコミットする。ワイなりのコロナ(官僚)との戦い方。

 

 金持ちになるだけが成功じゃないってことを知るために、まず金持ちになるべきだ。

 

※稀に扉が開くことがあるから、興味があれば登録しておいてください。

 

 

 

 コロナ対策=憲法?

 

コロナのファクト部分を見ると、未知なる物体である以上、恐ろしいのだが、客観的に見て、インフルエンザでは年間約3000人が亡くなり、交通事故でも年間約3000人が亡くなる。

 

さらに最近減ってきたものの自殺者は大体2万人~3万人で推移している。

 

コロナはどうだろうか?

 

マスコミもネットニュースも、危ない危ない、怖い怖い、と言いたいから「感染者数」を言うのだが、死亡者数は出さない。

 

そして検索しても非常に見つけにくいのだ。

 

ただ「英語圏」ではこの死者数がばっちり出ているから、明確に比較ができる。

 

これです。

 

f:id:hateblochang:20200401223252p:plain

新型コロナ 日本 感染者数 死者数 コロナ回復者数 推移


新型コロナ 日本 死亡者数 感染者数の推移

www.worldometers.info

 

 

これを見て、冷静に判断して欲しい。

 

コロナ対策=憲法?


コロナでなぜ憲法なのか、憲法がなぜ必要であり、武器となるのか、と言えば、コロナの目的は憲法改正だからだ。

 

意味不明、というくらい、日本人は無知にさせられているのだ。

 

官僚たちはクレバーだ。

 

だから、憲法には触れられないように、バレないように、「封鎖」という言葉ではなくロックダウンという言葉を使い、集会や集団という「集」という憲法にある漢字を使うのではなくクラスターという言葉をわざわざ使うように命じる。

 

マイナンバーもそうだ。背番号制というのがまずいからね。

 

つまり、官僚たちの弱点とは憲法であり、憲法こそが武器なのだ。

 

子供のころは、喧嘩は力勝負でいい。

 

しかし、大人になればそうはいかない。

 

だから憲法で戦うわけです。

 

相手も今後ばかりは本気だ。

 

だから本気の相手にはこちらも本気にならないと喰われてしまう。

 

仮に自粛だとか、要請が強制になった場合、その法律は憲法違反となる。

 

位置づけとしては「憲法」が最高の法規であり、その下に法律がある。さらにその下にあるのが「条令」です。

 

つまり、「憲法」に違反している法律は無効であって、憲法に違反している「条例」も無効である、というのが近代国家です。


野党の正体

 

3月のやりとりではっきりしたが、官僚たちが背後にいる野党たちが

 

「安倍政権はのんき、のろま!すぐにでも緊急事態条項を作るべきだ」

 

と野党が安倍ドンに詰めていたのが3月だが、野党の正体とは、官僚たちの代弁者であるから、そういう発言をさせられているのだ。

 

しかし、安倍ドンはここでファインプレーをして、憲法改正をして緊急事態条項の創設はせず、新型インフル特措法に新型コロナをぶち込んだ。

 

これがために、

 

  • 厚労省の官僚
  • 警察庁の官僚
  • 国交省の官僚

 

旧内務省系の役人たちは「要請」しかできないようになっているのだ。

 

つまり、禁止だとか、命令ができない。

 

だからファインプレー。

 

日本人が今でも外出できるのはこのおかげ。

 

他国は負けた。

 

日本は政治家が戦えている。

 

その違いです。

 

国民の代表である政治家が戦い、国民は憲法すら知らない状態でいいのだろうか?

 

そういう話です。

 

身の守り方、喧嘩の仕方は努力して知る。

 

大人の義務だと思う。