日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストのつぶやきブログ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

アベノマスクの意味を教えよう(マスク2枚配給問題)

f:id:hateblochang:20200408105250j:plain

アベノマスクの意味を教えよう(マスク2枚配給問題)

新型コロナに対する各国の対応

 

米国:現金13万円支給
香港:現金14万円支給
韓国:現金8.6万円支給
イタリア:現金30万円以上支給
イギリス:休業補償(賃金80%)
フランス:休業補償(全額)
スペイン:休業補償(全額)

 

そして、日本・・・

 

「マスクを2枚贈るよ!!!」

 

この対応を見て、安部よ、国民を馬鹿にしているのか?

 

と思うだろうか?

 

『マスコミ』は案の定、とことん叩いているのだが、ワイは安部さんよ、またしても、ファインプレーや!

 

と思っておる。

 

そもそもコロナ問題とは、前々から準備されていたものであって、世界銀行がWHOを組んで、2017年からパンデミック債を売り出していたり・・・

 

こういったおかしな行動は次々とわかってくるだろう。

www.reuters.com

 

そして、案の定、トランプおやじはこういった大きな構造をわかっているから、乗っておいて潰しに向かうのだ。

 

 

 

 


アベノマスクの意味を教えよう


「安部よ!何をもたもたやっているんだ!はよ自粛させろよ!ほら、今日も感染者が増えてるだろ?マレーシアを見習って、出歩いたら逮捕させろ!!」

 

と動きたいのは、何を隠そう官僚たちだ(動くのは、その下の公務員)。

 

ヒトラーが成し得たように憲法を破壊したいのだ。

 

しかし、日本国民によってきちんと選挙で選ばれた政治家達は、集団免疫の考え方を持っているから、のろのろ作戦を実行する。

 

逆に官僚達はとにかくロックダウン、ロックダウーンとやって、なんとか戦前に戻したい(共産主義時代)。

 

つまり、配給制度に近い状態を作りたい。

 

国家が国民の面倒を見るような状況を作って、最終的にはワクチンも強制接種させたい。

 

だから国民からすると、安部はのろまだし、一方で緊急事態宣言とか、今日も感染者数がどうのとか、何がしたいのだ!

 

とストレスとなるのも無理はない。

 

政治家のやろうとしていること(裏で実際は戦っている)と世間的に言っていることで違う点、乖離が起こっているからだ。


国民の敵は本当にコロナ?


トランプおやじはハッキリとマスコミたちに対してフェイクニュースである、と言っている。

 

奴らは国民が選挙で選んだ政治家を袋叩きにして、腐らせて(寝返りをさせて)、国民が選挙で選んでいない単なる試験エリートの官僚の手先として世の中に「真実です」と報道展開する。

 

これをフェイクだと言っているのだが、構造からして、やはりそうなのだ。

 

アベノマスクはファインプレー?

 

安倍首相が布マスク2枚配布する、という作戦で大炎上したわけだが、この意味はわかるだろうか?

 

ワイのメッセージよ、届いてくれ!という安部首相のメッセージとしては、

 

「これは官僚たちが着手した「配給制」に対しての皮肉政策なのだ!」

 

ということだろう。

 

つまり、官僚たちの過度な供給統制、配給制度を早い段階でぶっ壊すための政策だ。

 

だから国民を守るためのパンチであって、

 

「これはどう考えてもおかしいぞ、国民を馬鹿にしているぞ!」

 

という反応ではなくて、誰に向けてのパンチなのか、を考えるべきなのだ。

 

官僚達はコロナが終息してしまう前に、市場統制をもっと過激に行って、戦前のように、あらゆる市場を停止させて、配給制度を強固にしたいのだ。

 

だから、ロックダウンを「世界の中心」で叫ぶ。

 

一方、政治家たちはこれを見破っているから、そのために動く。

 

だから「官僚たちの権限」を奪うために、高速道路無料化や減税で対抗しようとするわけです。

 

いずれこの構図に多くの人が気づくはずだ。

 

そして、世界は日本から一気に変わっていくだろう。