日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストのつぶやきブログ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

大ニュース!?(ついに資産凍結&軍人だらけのワシントン)

この流れは日本人はよーく知っておくといい。

 

決して忘れないよう、頭に叩き込んでおくべきだ(コロナ感染者数の発表などよりもはるかに重要なニュースだと思う)。

 

 

 ついに大統領令が発動された?

 

簡単に書く。

 

1月11日に大統領令(13848号)が発動された。

 

その情報源は、アメリカ政府の財務省公式サイトだ。


ここでしっかり

 

Foreign Interference in U.S. Election Designations

 

と出ている。

f:id:hateblochang:20210112142808p:plain

大統領令が発動 ウクライナ疑惑が一気に浮上

意味は、

 

「米国の選挙指定においての外国干渉」

 

だ。


財務省公式ページ:

home.treasury.gov

 

普段、あまり見ないページかもしれないが、ここのボス(長官)はムニューシンと言って、007に出てきそうなイメージの男だ(黒メガネのインテリ風男性)。

 

彼はトランプおやじと同じ世界に生きる投資家であり、映画『アバター』にも投資家として参加して、推定30~40億円くらいしっかり稼いで、現在は、財務省に『お金持ち』の状態で長官をしている。

 

これが大事なのだが、例えば、Youtubeでお金を集めるため、登録者を集めるために、コンテンツを流すのか、

 

もうお金は十分あり、お金以外の目的でコンテンツ発信、発言をしているのか、では雲泥の差があるのだ。

 

※前者を信じてはいけないよ。


大統領令で資産凍結された件

 

結論だけ言うと、

 

1.大統領令が発動
2.ウクライナのアンドレイ・デルカッチ議員の資産が凍結

 

という話だ。

 

なぜウクライナ?

 

なぜ資産凍結をこのタイミングで?

 

と言うと、「ハンター・バイデン問題(バイデンのバカ息子」とウクライナにはずっと疑惑があった、という話です。

 

その元凶とされるウクライナのアンドレイ・デルカッチ議員に大統領令が発動して、制裁が下った、ということだ。

 

そして、これを最初に言っていたのは、あの

 

・大ぼらオヤジ
・陰謀論者

などなどとずっと悪口を言われていたリンウッド弁護士だ。


戒厳令までのシナリオ


まだ反乱法や戒厳令という流れは公式には出ていない。

 

しかし、これをずっと言っている男(リンウッド)が最初に言っていたことが現実化した。

 

※ちなみに、このウクライナ疑惑が出たら、民主党は終わりだと言われている。


よってワイの見解としては、反乱法は既に動いている。

 

すると、その後は、戒厳令となる。

 

そうなってくると、目に見えてわかることは、

 

1.トランプおやじが米軍を各州に派遣

2.緊急放送などを組んで、戒厳令を発令


となる。


リンウッドおやじはこの場合は、

 

1.懐中電灯を持っておくこと(大停電する確率高い)、
2.ラジオ
3.食べ物
4.水を2週間分準備

 

さらに、銃などを各自、持って身を守れる状態にしておくこと、とはっきり、すっきり、具体的に、教えてくれている。

 

www.tradelife.work

 


反乱法が出た場合は、当然、ターゲットとなるのは、反逆者たちなのだが、彼らが逮捕されていき、その後、1月19日~1月25日にかけて、トランプおやじが大統領に二期目として就任。

 

そのプロセスの中で、米軍の反撃がこれから起こる可能性が高いため、混乱が予想される。

 

投資家としては、虎視眈々と狙っていなさい、の虎視眈々と見ておく期間はここ、となる。

 

現状のワシントンはこんな感じ。

 

軍隊だらけのワシントン

 


ということで「いよいよ来るな」という感じだ。

 

そして、これがまだ序盤。

 

これから一気に噴き出してくるから、これまで書いてきたことをもう一度読むなりして、準備してください。