日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストのつぶやきブログ

スナフキンに憧れ、森に住むミニマリスト。BOBOSオジサンから覚醒者たちへの遺言。

ワクチンを職場で強制された場合どうする?(ワクチンで強い副作用が起こるワケ)

ファイザーワクチンは、アナフィラキシーが起こりやすい。

 

これはカエル君が言っていた通りだ。

 

www.tradelife.work

 

さらに、ワクチンの中には癌増殖装置がある。

 

それだけではなく、ハイドロジェル(ハイドロゲル)という物質によって、5Gとリンクさせることで、人間の思考、精神を乗っ取ることが“技術的には”可能だ。


ワクチンを打つ選択

 

百歩譲っても、ワクチンは打っても1回までだ。

 

ワクチンには副作用がある。

 

どんな副作用があるのかというと、例えば、ファイザーワクチンはアナフィラキシーが起こりやすい。

 

さらに成分として、ワクチンにはガン増殖装置が入っている。さらに、ハイドロジェル(ハイドロゲル)という物質によって守られているのだが、これは脳幹までに浸透させるためのものであって、5Gとリンクさせることで、人間の思考、精神を乗っ取ることが“技術的には”可能だ。

 

これは多少なりとも電磁波であったり、パルス攻撃(軍事学)を学んだことがあれば、わかるだろう。

 

※アプリで人間を遠隔操作して、本人にしか聞こえない幻聴だとか、行動を取らせることが技術的には可能なのだ。


いずれにせよ、現時点においては、ワクチンの副作用は、2回目の投与で出現する人が多い。

 

言語化すると、1回目の(人類初となる人体注射)『mRNAワクチン』では少量であるから、まだ免疫異常は起きないレベル。

 

しかし、2回目となると、

 

「おいおい、また入ってきたぞ。この化学物質が蓄積していくのは、危険だから排出せよ!」

 

ということで、あなたの内部に宿る神のシステム、免疫軍団が立ち上がり、入ってきた『毒』を一斉に排出しようする。

 

この結果、健康な人ほどアナフィラキシーショックに繋がっていくから、コロナが存在しているのであれば、コロナよりもワクチンの方がよっぽど怖いのだ。


前にも書いたが、リスクを取ってまでワクチン接種をしても、あなたが打たれるそのコロナワクチンは、

 

『mRNAワクチン』

 

であって、そもそも意味がないから、おススメしないよ。


前にも書いたけれど、DNAではなくて、風邪などの変異するタイプは『RNAウイルス』であるから、昔からずっとそこにあり、常に変異するのだ。

 

DNAウイルスであれば、イタチごっこにはならない。

 

しかし、RNAウイルスでは、完全にイタチごっこになる。

 

どんどん変異するから打っても打っても、意味がない・・・これを本当は製薬会社も官僚も分かっているよ(何度も言うけれど、ワイでも知ってるくらいだよ?)


ワクチンの結果

 

現在、世界中でこの副作用の報告動画とかが出ておる。

 

しかし、だ。

 

副作用が出たらワクチン訴訟になるのだが、前にも書いた通り、

 

「これは副作用です!事前に説明してある通りです!」

 

ということで、役人や製薬会社を守る言葉として用意されているのが『副作用』だ。

 

このあたりの危険性を日本の政治家だとか官僚は理解しているから、危険だとわかっているから、

 

「新型コロナワクチン(mRNAワクチン)で死んでしまったら4420万円払います」

 

さらに、葬式などの費用(20万9千円)も日本政府が払うようだ。

 

これは立派な姿勢だ。

 

政治家たちの本音

 

私たちには、国際的なボスがいる。

 

だから、立場上、国際情勢にも影響しかねないから、ワクチンには批判的なことは言えない。

 

よって、あえて

 

『死亡保障4420万円』+『葬儀代20万9千円』

 

を報道させることで「まだ」コロナの茶番や、ワクチンの茶番、危険性に気づいていない国民の皆様に

 

「死亡の可能性がある!」

 

ということを察してもらいたいのだ!

 

だから「わざわざ」マスコミを使って、報道させているのだ!」

 

届いてくれ!

 

そして、届かない、できればお年寄りなどにも教えて欲しい!

 

ということだ。

 

こういうメッセージを送っている国は今のところない。

 

批判するだけだ。

 

だから、非常にがんばっていると思う(日本は腐っても鯛だとまだ言えるのだ)。


職場で強制された場合の対処法

 

ワイが教えよう。

 

これから職場(学校等)で強制的にワクチンを打たせようとする運動が起きる。

 

そうなったらこう言いなさい。


「あなたは私にワクチンを強制しますが、もし私に何かあった場合、その責任を取れますか」

 

だ。

 

死んだ場合は、保証が出る。

 

しかし、そうではなく、致命的な副作用が出た場合の保証は現時点ではわからない。

 

全身の動きが震えて コントロールできなくなった大江千里さんのケースを使って立ち向かってください。


もしくは、2回目の投与後の写真(顔の異常)

nynettle.info

 

削除された場合に上記サイトからの引用(2回目のワクチン接種後)

f:id:hateblochang:20210224151856p:plain

コロナワクチン接種後の様子

を見せてやりなさい。


コロナのmRNAワクチンの副作用についてはツイッター、ユーチューブなどワクチンを接種した者たちが、その後に出た副作用の様子を動画で上げているのだが、ことごとく、削除されているから、ストックしておくことだ。


追伸

 

ワクチンについては、ワイの言っていることがわからない、怪しいと思うなら、このドクターの話は聞いておいてもいいだろう。

 


ファイザーワクチンのアナフィラキシーが心配な人:

 

ファイザーワクチンで強い副作用が起こる理由: 


その立場に本当のことを言えるかどうか、だ。

 

ワイが信用できると思える条件としては、政治学、軍事学、量子力学、聖書、法華経、次元構造、こういったことを現代語として、しっかり自分の言葉で語ることができるかどうか。あとは収益のために発言しているか否か、という点。ここを重視する。

 

そう考えると、ロックフェラーが仕込んだ金融工学がどうのこうの、ハルマゲドンがどうのこうの、などは幼稚レベルだということがわかるよ。