日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

ドル円シナリオ

昨日は週足レベルで陰線となる転換点、勝負どころとなり得るポイントだと思って見ていたけれど、狭いレンジ内で急騰&急落を繰り返して、必殺のツバメ返しはまだ決まらず、継続中。

 

日足レベルで見ると、上髭も長く、下髭も長く、方向感がないからどうしようもないね。

 

特に短い時間足で見てしまうと、方向感を掴むというよりも方向感がないから、大勝できる時間帯ではない。

 

よって、昨日仕込んだ売りポジは、半分利確して、現在は一番有利なポジションだけを6割残して、逆指値を建値に置いています(これで負けななし)。

 

基本的なスタイルとして、勝負の時は大きく狙って(ロットが大きくなるため、ロスカットの幅まで狭くなる)それまでは細かく損切りを繰り返すのみ。

 

ジャブ(ロットが小さいため、ロスカットの幅が広い)で方向感を掴んでいく感じがベスト。

 

NYダウは週足でほぼ陰線が確定しているので、タイミングとしては歩調があってきているなと思ったので、勝負ポイントとなる可能性が高いと判断して見ていたが、今は勝負するポイントが若干ずれたかなと。

 

利殖するには、値動きを全て理解して、方向を当てられれば一攫千金と思いがちだが、現実は違う。

 

まず相場を当て続ける事はとても「非現実的」。

 

それよりも長期的にお金を増やし続ける事にフォーカスした方が良くて、必要な損切り(エントリー時に把握済)や負けを受け入れて、

カード(ローソク足)がめくられるごとに、次の手を考えるようにするのが最善。

 

結果として、勝負ポイントが訪れ、長期的に利益を積み上げる事ができる、という一種のゲーム。

 

株は日足レベルで見るので、これが超スローに見えますが、

とにかくその時がくるまでじっと耐えて退場しない事です。

 

ドルのシナリオとしては、東京タイムを見る限り、方向がわからないレンジに位置している状態。

 

短期で入るなら、110.80のサポートが今のところ昨日しているので、

110.50を背に110.90~111.00までの買いならRR的に良さそうです。

 

売りを打つ場合は、高値付近から狙うのがセオリーですが今の形だと一旦110.80のサポートを突き抜けて、一旦反発したところを叩く、

という形にならないと根拠が薄く、自信をもって入れない。

 

昨日に続き、今日も22時30分~0時頃にかけて重要な経済指標があるので、そこまで待ってNYタイムで判断する。良い子はマネしないように。

 

f:id:hateblochang:20190228172545p:plain

ドル円FXチャート30分足