日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストのつぶやきブログ

スナフキンに憧れ、森に住むミニマリスト。BOBOSオジサンから覚醒者たちへの遺言。

ファイザー社の取締役副社長が逮捕されとる?

この記事が本当ならばファイザー社の取締役副社長であるラディ・ジョンソンが逮捕されている、ということだ。

 

www.gistvic.com

 

内容は複数の詐欺罪で起訴。

 

ファイザー社の1000枚に及ぶ機密文書も公開。

 

実験的なワクちゃんの危険性が公の場で明らかになったから、ということらしい。

 

こういうやつ。

 

本当ならば・・・と書いたのは、取締役副社長が逮捕なら社長はどうなっておるのだ!

 

といまいち表面的な感じがするため、話半分なのだが、世界的な薬害訴訟になり得るから一応、見ている。

 

それよりも日本人として知っておくべきはこれだ。


日本を武装化させましょう!

 

ウクライナ問題が長期化する中で(さらに言えば、茶番だとバレる中で)、

ウクライナは巨大なムービーセット?

 

アメリカ様はどうにかして、同盟国を戦争に引きずり込み、大量の武器を売り込み、

 

それに懲りず、さらに次の一手として、日本は中国からちょっかいを出されてしまうだろうから、先に武器を送るよー、という内容のレポートをシンクタンクが出してきた。

 

※シンクタンクというのは、ものすごく簡単に言えば、米国のメインシナリオだ。

 

シンクタンクレポート


ここに書いてあることは、

 

1.太平洋地域の防衛

 

2.(今後、ロシアと強力した場合の)中国の影響力に対して、ワシントンができること

 

これらについて書かれておる。

 

シンクタンクレポート

www.rand.org

 

ということで、

 

「中国」に対して日本を武装させる(なぜなら次のターゲットとなるから・・・らしいが、本当はターゲットとさせたいだけだ)。

 

日本を武装化することで、米国産の兵器を売りまくることができ、尚且つアジア分断(ドル防衛)が可能となり、米軍の駐在は必要だねーとなる。


これをワシントンが推進すべきである、ということを言っておる。


日本の再武装を助けるべきだだと?

 

米国としては、

 

「いやー、日本がウクライナみたいに巻き込まれたら大変でしょう。だからその脅威から守るために武装化してあげよう!

 

武器を売ってあげよう!何かあったら直接は助けに行かないけれど、今のうちに送れるだけ武器は送るよ!

 

あ、そうそう。俺たち(アメリカ)が作った例の「憲法9条」があるけれど、この際、知らなかったことにしよう」

 

こんな感じだ。

 

日本が武力を持つ意味は、

 

「国連憲章の基本理念遵守」

 

という国の法律を超えた約束事があり、その中で武装化した場合、問答無用で攻撃しても日本が悪いです、という呪縛がある。

 

 

www.tradelife.work

 


四方八方から攻め込んでくるシナリオの初動になり得るからこそ、声を上げるべきだ。

 

日本人の死者数は戦後最多。

 

そして、若者の命が危うくなる。

 

その場合、どうするか、を今のうちによくよく考えておくことだ。

 

これが正解、というものはないが、今であれば、まだ自由に買うことができる食糧関連を備蓄しておくことだ。

 

多少のインフレとなっただけでやれ悪いインフレだ、ハイパーインフレだと騒ぐ者が多いが、これは簿記的な視点でバランスシートを見れば非常に非現実的である。

 

それよりも物流が完全に止まり、攻め込まれた場合を想定した上での備蓄が必要なのだ。

 

その「初動」がわかるなら、そのタイミングで逃げる。

 

それも良しだ。