日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

【高級サプリ VS ゼロ円運動】若返りの結果

f:id:hateblochang:20190320165422j:plain

朝食

よくある朝食パターン例。

 

ミックスベリー+ストロベリー(ストロベリーは食べたあとの写真)。がん撲滅朝食。チョコレートは、ディナーのデザート時に食べることが多いが、朝食でも食べたい時はブラック(カカオ88% or 90%)を好んで食べる。

 

チョコレートは、日本では良質なものが少なく、価格も高いためiHerbから入手することが多い。ただチョコレートは時期的なものなので、冬~春先までしか購入できないためまとめ買いをしている(非常食にもなるため)。

 

こんな具合で今日も朝のトレーニングがスタート。

 

健康寿命は筋トレで押し上げる

 

日本は今のところ世界トップクラスの長寿国となっているが、実際のところは「健康寿命」と「平均寿命」の差がデカい。

 

健康寿命とは、日常的に介護は不要で、自立した生活が送れる寿命のことを指すわけだが、平均寿命と比べると、男性では約9年、女性では約12年、健康寿命は短いと言われている。

f:id:hateblochang:20190320170105j:plain

日本の健康寿命と平均寿命

 

今後、技術の進歩に期待するのもいいが、今のスマホ世代が年齢を重ねていった場合、この差はさらに大きく開くことになるだろう。

 

生きているが、死んでいる(動けない)。

 

メタボ、ロコモは当たり前。

 

ロコモとは:

ロコモティブシンドロームの略で、運動器の障害や、衰えによって、歩行困難など要介護になるリスクが高まる状態のこと。

 

 

一言で言えば、運動器機能不全のことである。

 

スマホ世代は順調にいけば40歳以降の10人中8人は、筋トレしなければ、将来不自由な生活を送ることになると思う。

 

魔の40代

 

40代以降になるとホルモンのバランス上、テストステロンは減少し、性欲や意欲が低下気味になっていく。

 

症状としては、疲労やうつ状態といったものだ。こうした症状が起こりやすい年代や知識不足である場合は、年齢のせいにしたり、ストレスのせいにしがちだ。

 

しかし、結局のところはテストステロンの減少が大きく影響している。であれば、筋トレをすれば、テストステロンは増えていくので、若い頃から筋トレは当たり前。漢のたしなみ、と捉えておけばいい。

 

たったこれだけの習慣で高級サプリなど使わずとも、

 

  • お金をかけない若返り効果
  • 性欲や意欲の向上
  • うつ状態の撲滅
  • モテる
  • 姿勢がよくなる

 

など様々な効果が期待できる。

 

テストステロンの興味深い研究

 

利き手の薬指が人差し指よりも長いタイプは、テストステロン濃度が生まれつき高い傾向にある・・・らしい。

 

いずれにしてもテストステロンのピークは20代で終わり。あとは右肩下がりで減少していく以上、習慣化されていない場合は、考えた方がいいだろう。

f:id:hateblochang:20190320170059j:plain

テストステロンの推移

結果は毎日の小さな積み重ねでしか付いてこないのは、どんな世界でも同じことか・・・

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村