日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

アトピーやアレルギーはどうしたら完治できるのか?

小学生の頃、重度のアトピーだったオレはアトピー地獄から脱するにはどうしたらいいのか?

 

日本の医学界のやり方では、ステロイドなどの薬を使用して、ひたすら症状を抑えることに力を入れるが、抑え続けることで、薬に対しての免疫がつき、薬の量は次第に増えていく。

 

ビジネスという視点で見れば、完治されたら困る、という見方もできるが、治療を受ける側の問題(考え方)も大きい。アトピーやアレルギーの地獄のような症状を打破するためにどうしたらいいのか。

 

アラフォー間近となった今、これまでの知恵(英知)を記しておきたいと思う。

 

f:id:hateblochang:20190317140905j:plain

アトピー撃退の荒技断食道場

 目次

 

アトピー=自分との戦い

 

アトピーとなった以上、自分と戦うしかない。そしてこの戦いに勝利したら人生が変わるだろう。


戦うとは、

 

1)どんなに大変でもステロイドを徐々に止めていくこと

ワセリンで薄めたり、ワセリンオンリーとデーを作ってみる。


2)かゆみが発生したら勝負

温冷水シャワー、ガーゼなどに巻いた保冷剤を使う、かゆみ止めクリームの併用などかかない戦いをどれだけできるかだ。

f:id:hateblochang:20190316231812p:plain

かゆみ止めクリーム

これらのクリームは完全にかゆみが治まることはないが、ある程度の効果はあったと思う(実体験)。

 

iHerbから確認可能だ。



これをまずは最低でも3か月程度がんばっていく。そこから徐々に代替医療に臨んでいく。代替医療で信ぴょう性のあるものとしては、

 

刺絡療法(しらくりょうほう)

 

というものだ。


副交感神経を優位にする働きのある爪の生え際や、体のツボを、一番細い注射針を刺して刺激を与える代替医療

 

これを数ヶ月継続する。

 

ステロイドを使用した分、長い時間かけて倒していくわけだ。なぜ刺絡療法なのか、結局のところ免疫系がアトピーやアレルギーに関係していると実体験からもそう思う。

 

アトピー撃退の可能性を秘めた最新の研究結果

f:id:hateblochang:20190316231806j:plain

アトピー撃退の鍵となるTレグ

論文としては随分前から指摘されいることで、最新なのか、というとそうでもないが、公の場に、という意味では最新なのだろうか。

 

簡単に説明すると、

 

  • 「免疫細胞」の「暴走」で体に炎症反応が出るのがアトピーである。
  • 腸の免疫細胞の「Tレグ」は暴走する免疫細胞を治める役割を持つ。
  • 腸内細菌のクロストリジウム菌の作用でTレグ(制御性T細胞)が生まれる。
  • 食物繊維がクロストリジウム菌に良い作用となる。

 

ということだ。

 

アトピー撃退栄養素の結論は食物繊維?

 

1日20g前後の食物繊維を採る。食事面からのアプローチは以上だ。

 

  • クロストリジウム菌は、腸内の「食物繊維」をエサとして食べる
  • 「酪酸」と呼ばれる物質が放出される
  • 酪酸は腸壁を通り、その内側にいる免疫細胞にキャッチされる
  • 受け取られると、Tレグへと変身する


よって、アトピーやアレルギーの場合、腸内フローラ検査をする際に、クロストリジウム菌をターゲットに判断することで、原因となっているかどうかの基準となる。

 

ここからアトピーやアレルギーを完治させるにはどうしたらいいのか?という疑問・質問が

 

「オレの腸内でTレグを生み出す機能を最大限に高めるにはどうしたらいいのだ?」

 

というより具体的な質問になる。

 

 アトピーの原因は腸にある?


だからほとんどの鍵が腸内細菌にあるのであれば、自分の腸内細菌を調べて、足りない「菌」を割り出して、補充することだ。

 

検査の種類は様々だが、それなりの目安にはなる。

 

食事面での注意点

 

テレビはスポンサーがあってのことだから、本当のことは言えないだろう。例えば、牛乳を飲むな!とか(昔、勇気ある某局がやったが、ものの見事に謝罪をさせられることとなった)。

 

腸の粘膜を傷つけ、炎症を起こす白砂糖や小麦はアトピーやアレルギー持ちは避けた方がいい。

 

とにかく、できるところからやってみることだ。

 

  • 腸をきれいにする(断食やエネマ)
  • 新鮮な野菜と果物中心の生活にする
  • 食物繊維を1日20gを目安に採る(サイリウムなど)
  • 腸内サプリで善玉菌のエサを入れ続ける

 

サイリウム、腸内サプリ共にiHerbから確認可能

f:id:hateblochang:20190316232351p:plain

腸内サプリ

※最低でも100億CFU以上を選ぶ

 

 

f:id:hateblochang:20190316232707p:plain

世界最強の食物繊維

 

※水に溶かすと一気にゼリー状となり、約30倍に膨れ上がるため、飲みにくい、という場合はサプリでもいいだろう。



結果、体内で「Tレグ」を増やすことができれば、これらの病気を倒すことができるはずだ。断食は、決して無理はせず、最初は断食道場などを体験してみるといいだろう。

 

アトピーは日本人なら克服可能

 

元々日本人は古くから食物繊維が豊富な食生活だったため、免疫のコントロール力では、世界広しと言えども上位にいるはずだ。

 

DNAに刻みこまれたこの潜在能力を信じて、欧米的な食生活を徐々に排除し、食物繊維の摂取量を過度に摂りすぎず(大量に摂れば治ると思わないこと)、長く継続していくこと。

 

これがアトピーやアレルギーを撃退する術の回答だ。