日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストのつぶやきブログ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

花粉症の治し方

f:id:hateblochang:20200328164442p:plain

花粉症の治し方 花粉症治療について考える

花粉症について簡単に書く(本文をどうぞ!)

 

続きです。

 

 

www.tradelife.work

 

 

www.tradelife.work

 

もし「難しいく完全に理解したい」のであれば、前書き部分で重要なキーワードを書いておくと、人間には免疫の砦として「サプレッサーT細胞」という守り神がいるのだ。

 

これは平時においては、「IgE抗体」がウイルスだとか、細菌、化学物質と戦ってくれているから奥で眠っている(ラスボスだからね)。

 

しかし、ステロイド剤とかで、免疫力が下げられて、IgE抗体もいよいよ使い果たされて、弾切れとなった時、奥から出てくるのが、そうサプレッサーT細胞様なのだ。

 

これが悪しき化学物質(ハプテン)を一網打尽にして(くっつき)、インターロイキン10だとかTGF-ベータなど、サイトカイン(細胞)から分泌される低分子のタンパク質などが活躍して、化学物質を除去しようと戦うわけです。

 

こういうことは、京都大学あたりで研究&発見されており、やはり京都大学という場所は、天才集団の集まりではないかと思う(東大の某学部は悪の枢軸)。

 

だから浮遊する化学物質にまだ限りがあった昔はアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎を起こす人がいたのだが、放っておけば免疫によって自然に治ったわけです。

 

しかし、現代はもうサプレッサーT細胞様がいい加減疲れ果ててきて、化学物質を撲滅させることを止めた。

 

ここにすべての原因がある、ということです。

 

こういう背景を知った上での花粉症の話。

 

 

 花粉症の本当の問題


花粉症の本当の問題は、花粉に付着した化学物質であるから、花粉を大量に吸い込んだから、アレルギーになる、というわけではないのだ。

 

これはデタラメ、嘘だ。

 

本当は化学物質に対して人体が正常に反応してるだけだ。

 

だから花粉症の問題がわかったら、最初はつらいのだが、知識として理解しておくと、

 

「がんばれワイの免疫よ!」

 

と応援できるのだ。

 

じゃあ、花粉症の治し方、治療法はどうなんだ!

 

というと、サプレッサーT細胞様を元気にさせて(腸内環境をイヌリン(フラクトオリゴ糖)や腸内洗浄だとか徹底的に行い、整備して)化学物質と合体させて、取り込んでしまう(免疫寛容を起こさせる)こと。

 

これが正解だ。

 

しかし、これを製薬会社たちが許さない。

 

免疫寛容を邪魔しなければ、利権が壊れる。

 

だから、コロナでも何でも、免疫抑制剤が使われているのが現代の問題なのだ。

 

製薬会社、厚労省(官僚)、そして医師会のタッグ。

 

まさに花粉症だとか、各種アレルギー(アトピー、喘息など)は、政治問題だ。

 

※ちなみに健康番組の後ろには、しっかりこういった組織がくっついている。マスコミも健康番組の自分たちでは脳を持たないただの代弁システムなのです。


花粉症の正式名称

 

だから誰も花粉症の正式名称を知らないから、花粉症に悪いイメージしか持たない。

 

花粉症とは、

 

「花粉性化学物質病(症)」

 

だ。

 

これは絶対に認められない。

 

認めてしまうと、責任問題となり、これまでずっとべったり癒着してきた構造がお茶の間にばれてしまうからだ。

 

※規模間で言うと、日本史上最大の集団訴訟に発展するだろう。


そして、こういうことを書けば書くほど、ワイは変人となり、ブログにアクセスは集まらなくなり(圏外に飛ばされる)、検索しても出てこなくなっていくのだ。