日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

花粉症の本当の原因って知ってる?

 

 

f:id:hateblochang:20200326174143p:plain

新型コロナよりも辛い人が多い『花粉症』の本当の話 花粉症対策


新型コロナは未知なるものだから確かに怖いが、苦しんでいる人の数で言えば、新型コロナよりも、花粉症で苦しんでいる人の方が圧倒的に多いのではないかと思う。

 

そして、現代の花粉症とは、ただの花粉によるものではなく、ここでもきっちり、

 

厚労省大企業製薬会社=医師会

 

がタッグを組んでいる、ということだ。

 

 

 

コロナ or 花粉症?


新型コロナ以上に花粉症が辛い、花粉め、この世から消えてくれ!

 

と花粉症で悩んでいる人はコロナ比の何百万倍多い、というのが日本の現状だろう。

 

ワイも軽度とは言え、花粉は嫌だ。

 

なぜかというと、花粉症の本当の原因は『花粉』ではないことを知っているからだ。

 

花粉については以前にも書いた。

 

www.tradelife.work

 


もし花粉によって花粉症が引き起こされるのであれば、山奥で暮らしているじーちゃん、ばーちゃんはなぜ花粉症でないのか?そうでない割合が多いのか、筋が通らないのだ。

 

花粉症の原因はコレだ!

 

花粉症とは、要するに『花粉』にくっついた『化学物質』が原因なのだ。

 

車の排気ガスだとか、PM2.5だとか、さらにコロナウイルスも一緒にくっついて、目を触り、鼻を触りで、感染が拡大しやすくなっているわけです。

 

だから花粉症の正体というのは、実はもうほぼほぼ立証されつつある段階なのだが、これを立証すると、

 

今まで化学物質を放置してきた者(つまり厚労省の官僚だとか大企業たち)の責任問題となるから、わかっているけれど、隠し通すのだ。

 

スギを日本全土に植えまくったのは誰だ!

 

「国交省官僚だな!」

 

となる。

 

だから隠さなければ、相手は花粉症患者数、推定数千人だから、とんでもないことになる。


花粉症問題とは何か?


花粉症問題とは、新型コロナ同様、政治の問題だ。

 

だからなぜ花粉症が現代病なのかと言えば、

 

江戸時代以降、明治時代だろうけれど、急激に大気が汚されて、花粉がそれとくっつき、体内に入り、蓄積されるのだ。

 

そして辛いから病院に行く。

 

すると、

 

「アレルギー性鼻炎ですね。」

「あ、結膜炎ですね。」

 

とか言われる(花粉症という名前に隠されている症状の名称だ)。

 

だから

 

花粉症

 

というとまるで悪魔の粉みたいなイメージがあるかもしれないが、嘘だ。

 

むしろ昔は、花粉のにおいなどを楽しんでいたわけで、誰も花粉症にはならなかった。

 

よって、花粉症の人が多い人、その地域とは、大気はすさまじく汚れており、


排気ガスやガラス状のような微粒子(PM2.5)、散布農薬などなどの大気汚染化学物質だということだ。

 

だから花粉とは、血液のような運搬係であって、それに乗っかっている化学物質が根本的な原因なのだ。

 

よって、花粉症とは、政治問題であり、正式名称は、花粉症ではなく、

 

「化学物質病」

 

と言わなければならない。

 

そして、これは既に立証されているが、発表できない、させてもらえないのだ。


ちなみにだが、PM2.5は黄砂のように中国から来ると思っているかもしれないが、本当の事を言うと違うのだ。

 

あれは本当はメイドインジャパン。

 

日本製の化学物質だ。

 

官僚達が嘘をついて、メディアを使って反中利用に使っているわけです。

 

花粉症編(続く)