日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストのつぶやきブログ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

金地金が40年ぶりの高値に?(買取量は前年比で2倍増)

f:id:hateblochang:20200223163615j:plain

金地金 ゴールド 金価格

金地金なのだが、40年ぶりの高値圏に突入して、買取量は前年比で2倍に増加した、という話。

 

dime.jp


2019年の販売量は、前年比で17.7%減(20,090kg)

買取量は190.0%増(33,742kg)

 

かなりの人が売った(現金化)したようだ。

 

販売量は10月が最多(今年の月間最多量の3トンを超える量を記録)。

 

消費税増税を控えていたから当然だと思うが、ワイはまだ売るべきではないと思っている。

 

金とは、通常はそこまで上昇しないのだが、上昇するワケは前回も書いた通り。

 

www.tradelife.work

 

つまり、普段でも上昇傾向にあるわけで、株式市場に何かしらのショックがあった場合、さらに上値を試す、ということだ。

 

金融危機に直面している国の財政問題を解決させる、または次の財政システムへ移行させるには、金価格の大暴騰が必要なのだ。

 

ソフトランディングが成功しても、現状のシステムを壊滅状態にしても、どちらにしても金価格は一旦青天井ゾーンへ突入していく運命にある(ギリシャショック時は、1900グラムを記録)。