日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

日本の常識は世界の非常識(金融編その2)

f:id:hateblochang:20190528223642j:plain

日本の常識は世界の非常識(金融編その2)

実は「日本の常識は世界の非常識」というキーワードを狙ってみたいと思って数回に分けて書いているのだが、

 

このキーワードで上位表示されても意味はないのだが、裏の目的はさておき、日本の常識は世界の非常識とも言える金融編、積立型投資商品について触れておこうと思う。

 

知識として知っておくといいだろう。

 

 

日本の常識は世界の非常識(金融編その2)


海外長期積立投資でよくあるのが、欧州系、または米国系のプロバイダーが提供している積立型投資商品で、月々少額(100US$くらい)からスタートできるというもの。

 

特徴としては、「初期ユニット」と「貯蓄ユニット」という2つの財布に分けられていて、

 

スタートから18か月~24か月間の積立は初期ユニットに入り、初期ユニット以降の積立分は「貯蓄ユニット」に振り分けられる。

 

初期ユニットの積立金については、原則満期まで保有する事が前提で満期まで運用に回る。

 

一方、貯蓄ユニット分については減額・停止・増額・一部解約(引き出し)がいつでも可能だ。

 

これを日本からクレジットカードで自動的に外貨両替される形(外貨ベース)で運用されるから必然的にポートフォリオに一部は常に外貨ベースでの有価証券となる。


さらにオフショアで運用されるため、利益分は常に再投資されて、複利運用され、中には保険型のものもあり、死亡時には、積立分+1%分が保証されるものもある。

 

長期積立複利スキーム

 

面白いのは、子供が18歳を超えた段階で運用者(被保険者)に加えることができ、これであれば、第二世代、第三世代へと引き継いでいくことができる(永遠のバトンリレー)。

 

ちなみにオレの場合は、2030年が満期となるのだが、この時点で被保険者(例えば子供)を追加した場合、

 

被保険者が76歳となるまで運用することは可能で、これを延々と繰り返していくこともできる(まさに不老不死の金のガチョウを育てているようなものだ)。

 

満期は通常25年間となっているから、25年目以降は積立はできないのだが、リレーに例えると、最初のランナーが「積立て」た25年分を、次のランナーが76歳になるまで「運用」できる、ということだ。

 

だから教育として、運用者としての適性を養っていくことが必要となってくる。

 

海外、特に欧米などでよくあるパターンとしては、18歳の誕生日にスタートさせて、25年満期で43歳の時にはひと財産ができている、というものだ。

 

こういった国には、相続税はないので、余った分を子供のためにサポートしていたりするケースが多い。

 

今でも欧米人にアーリーリタイアする層が多いのは、大抵は親からこういったスキームを承継されているか、教育されているかだ。

 

金融面では、このようにしてもろに日本の常識は世界の非常識であるし、こういったスキームを持つものを持たない者の金融格差は縮まることはないだろう。

 

長期積立の現実

 

ただ現実問題、5年継続できる者はほとんどいない。

 

10年継続は稀だ。

 

以前にも書いたが長期積立投資と言えども、パフォーマンスの低下から止めてしまうケースが多々あるのだ。

 

そして、日本人を狙った騙しに合うケース。

 

続かない、続けられない2大原因はコレだろう。

 

もしこれから先、超円高となるような局面が来たら、検討してみるといいかもしれない。

 

それまでは弾(現金)を黙々と貯めておくことが必勝法だ。

 

 ※Line@とツイッターは以下から登録できます。スマホからは登録先が見つからないということでご案内です。

 

友だち追加