日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

「1212」英国のトランプ、ボリス・ジョンソン首相が〇〇をぶっ潰す!?

f:id:hateblochang:20191202143950j:plain

ボリス・ジョンソン 12月12日のイギリス選挙でいよいよEU離脱が決まる?

画像引用先:

www.cnn.co.jp

 

ワンツーワンツーパンチの日。

 

12月12日。

 

そう、イギリスの選挙が近い。

 

イギリスとは、世界金融の黒幕であり、アメリカの親分だ(英語は米語ではなく、しっかり英語と書く)。

 

※嘘だと思うなら、スティール報告書というのが出てきているから調べてみるといい


アメリカ帝国の背後にはイギリスがおり、イギリス版無敵艦隊であったイギリス内に生息するエスタブ。

 

「こいつらをぶっ潰す!」

 

と言っているのが、イギリスのトランプ大領領である、ボリス・ジョンソン首相だ(なぜか髪型も似ている)。

 

これが日本にどう影響をもたらすのか、知っておくといいだろう。

 

 

 

イギリス総選挙の結果はボリスの圧勝?


1212イギリス総選挙の現在出ているの予測は、

 

「ボリス・ジョンソン首相」の「保守党」が「圧倒的」に勝ち、EUからの離脱を果たす、ということだ。

 

この調査の出元は、ユーガブの調査だ。

 

詳しく書くと、

 

総数650が下院の議席数で保守党が現状の317から359に増えて敵対している労働党が262から211議席に減る、というのがユーガブの調査。

 

www.dailymail.co.uk

 

ちなみにイギリスのEU離脱選挙の第一回目は、2016年にあったわけだが、あの時、どのメディアも「EU残留派が勝つ」とやっていたのだが、当時ユーガブだけは「EU離脱派が勝つ」という調査結果を出していた。

 

そういう意味でユーガブの調査は注目なのだ。

 

イギリス総選挙後のシナリオ

 

  1. 保守党が勝つケース
  2. 労働党が逆転するケース


の両方を考え、どちらの方が優位性があるのか?という視点で見るのがシナリオ構築だ。


まず1のケース。

 

保守党が順当に勝ったら面白くなる。なぜならイギリスのEU離脱の動きにいよいよ決定打となるからだ。


「とにかくEU離脱したいんだ。2016年の選挙を骨抜きにしようとしてるエスタブどもめ!」

 

というのが英国版トランプおやじ、ボリス・ジョンソンの主張だ。

 

わかりやすく言えば、

 

「官僚ら上級国民たちめ、いい加減にしろ!

 

みたいな感じだ。

 

ボリス・ジョンソンはEUと協定など結ばないでさっさと離脱すればいいのだ!という男だ。


合意しようが、しなかろうが、どうでもよく、離脱しちまえばいいのだ!という思想を持っている。

 

だから、エスタブ側からすれば、そんな暴走は自分たちの権威が崩壊するから恐れられている。

 

だからイギリスの総選挙とは、世界金融の黒幕に対して、歴史上初の強烈なカウンターパンチをあびせられるかどうか、という局面なのだ。

 

12月12日のイギリス総選挙を一言で説明すれば、こういうことだ。

 

そして、アメリカにもこの流れがあり、韓国にも、日本にもこの流れがある。世界のトレンドには抗えないのだ。

 

続く。