日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストのつぶやきブログ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

2010年代のお金持ち分析結果

 

f:id:hateblochang:20200212095703p:plain

2010年代のお金持ち分析結果

 

トレードやインターネットを活用したビジネスを「長く続けていく」とお金というのは、貯まっていく。

 

長く続けられる、ということは、そのための努力がなされているわけであって、大多数は長く継続できないから、必然的に長く継続できる者たちは、時間の経過と共に増々「財力」を高めていくのだ。

 

今回はこのあたりの話をサクッと書いておく。

 

 

 2010年代のお金持ち

 

結論から言うと、多くのお金持ち組たちがたどったルートが、

 

1.FX or インターネットビジネスで金融資産を作る
2.株式に移行

 

というのが、統計で出ている流れだ。

 

ワイの場合は、もう少し細かくなるのだが、おおかたこの流れは正しいと言える。

 

例えば、最初にゼロイチの段階で出力は必要だから、

 

1.ワーホリとかで時間短縮して、50万円~100万円なりをなんとか作る。

 

2.蓄財期間は一切無駄にせず、英語なり、デモトレードに励む

 

3.軍資金が貯まったら、実弾エントリー

 

4.1000万円台前後まで増やした後、半分のうち一部を出金して「資産」を買う

 

5.残りは徐々に株式に移動させて増やす

 

6.さらに残りはFXで増やし続ける(出金回数をかせぐ)

 

BOBOSおじさんは、ざっくりこんなステップをおススメしておる。


資産億超えを成し遂げる人は何が違うのか?

 

億超えを成し遂げる人は何が違うのか?

 

という内容は以下にも記事となっていたので、チェックしてみるといいだろう。

 

hbol.jp

 

読むのが面倒という場合は、以下にザっと書いておく。


年収1億円以上の職業の割合は、

 

56.4%が株・為替トレーダー

 

だということだ。

 

そして、そこまでの経緯として50万円あたりからスタートして1000万円くらいになって株などもスタートして金融資産で1億円に達する人なんかも多いのだと。


だから2010年代の傾向としては、投資や金融の知識や経験がある、ということが富裕層になる条件だったと言える。

 

世界の富裕層の怪物度がエグい


さらに世界の富裕層を見ていくと、なんというか、「株式投資家」という輩たちの「資産量」は桁違いなのだ。

 

それこそ数千億円~数兆円規模の資産を持っている者がいるのだ(それもたくさん)。

 

なぜかわかるだろうか?

 

FXの世界でも、数十億円プレイヤーはいるのだが、株式投資家と比べた場合、赤ちゃんレベルなのだ。

 

だからFX「で」稼ぎたい、という者は多いのだろうが、FXはどこまで行っても結局はツールであり、金融資産短期増殖装置でしかない。

 

これが先にわかっているかどうかで、その後の資産形成スピードは大きく変わると思う。

 

「なぜ株式投資家軍団は桁違いの大金持ちが多いのか?」

 

良い機会なので、是非考えてみて欲しい。

 

続きはまた次回