日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

体重増=デブ?

ダイエットに励む女性たちは、体重計の数字を気にするようだが、

 

体重の増減はあまり気にしなくてもいいと思う。

 

男でも女でもダイエットの概念は知っておいて損はないだろう。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 体重増=デブ?

 

断言するが、体重増はデブになった、わけではない。

 

たとえば脂肪くんが1キロ減り、筋肉が1キロ増えたとき、体重計の数字は同じだ。

 

しかし、鏡に映る体には、大きな違いが出ていると気が付くはずだ。同じ1キロでも、スーパーで見ればわかるが、脂肪1キロというのは、かなりの量だ。

 

脂肪というのは、体積は大きい。しかし、筋肉というのは、体積比で見るとその領域は狭い。

 

つまり体重計の数字は同じであっても、筋肉量が増えた場合の体は、たとえ体重が増えていたとしても、ギュッと引き締まっている。

 

だから体重減だけを気にして、体重計ばかり乗っていると、太っているとか、痩せないと勘違いする。

 

f:id:hateblochang:20190418233711j:plain

腹斜筋トレ

 

仕組みをつくる


適度な筋肉をつけることで、代謝装置となるから、太りづらいカラダの仕組みができるわけだ。

 

だから体重を気にしたダイエットは、過激になると健康を害してしまう。

 

ダイエットに成功しても、急激な体重減は相当、体に負荷がかかるし、体重だけを意識して手に入る健康やボディーは、美しさとはかけ離れている。

 

だから、体重を減らすことをゴールとしないことだ。

 

あれは全体のほんの1つの指標に過ぎない。

 

適切なトレーニングを日々積み重ね、体重計に乗るのであれば、ついでに腕まわりや太もも、お腹周りのサイズを測ってみたり、オレのように身体写真を撮って、どう変化したかを見るといい(見せびらかしたいから撮っているわけではない)。

 

高タンパク質食に乾杯

 

時間経過と共に、体重や体型だけでなく、食事が高タンパク質である場合、肌や髪、爪や筋肉の質がぐっと良くなるし、それが写真を通じてもわかるようになる。

 

世の中の健康法はビジネスだから、ほとんどが自分のためにあるものではないと考えておいた方がいいだろう。

 

無理な体重減などしなくても、筋肉ベースで物事を考え、プロテインで乾杯し、高タンパク質筋肉食堂に通い(ないけど)、道をすれ違った異性たちを振り向かせなければならない。

 

オレは体重計から解き放たれた女性は魅力的だと思うけどな。

 

あー、ピーナッツバター食堂、誰か作らないかな(オレがすぐ買い占めるよ)。

 
iHerbから稀に入手可能

f:id:hateblochang:20190419121533p:plain

ピーナッツバターout of stock

 

やるなら、5人くらいしか入れないプロテインバーかな。

 

プロテイン飲みながら、5画面くらいでチャートを出して、トレードするみたいなやつ。

 

f:id:hateblochang:20190419121530j:plain

トレードカフェ

 

じじいになったらやるかな。