日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

これこそが金言だ!映画「マルサの女」(51秒)

山崎努が演じる映画「マルサの女」これこそが金持ちになるための金言だろう。

 

 

 

投資行動が好きな状態で継続=最強説

 

f:id:hateblochang:20190905100054j:plain

金持ちになるための金言、金持ち行動

人は先にやりたいもの、欲しいものを買うために、稼げばすぐに使う。

 

だから収入が止まり、貧乏になる。

 

本当は月収200万円位になって、ようやくお金は使ってもいい、と考えるべきだろう。

 

そこに到達するまで浪費は排除。

 

10年も経過すれば、無駄な浪費分、消費分は投資に回っているわけで、あっちからこっちからの収入でトータルで数百万円の安定的な月収構造が出来上がる。

 

満足を遅らせて、その間は、暇となるから勉強やトレーニングに励み、己を磨くのだ。孤独になればなるほどいいと思う。

 

 

 

ウォーレン・バフェットの場合、年間数千億円を稼ぎ、個人資産だけでも10兆円を越え、毎日3~5ドル程度(300円~500くらい)のマクドナルドを食べる。

 

そんな生活を「好きで」しているから投資金が余る状態がずっと続く。

 

それがまた再投資に回り、コカ・コーラ株の資金調達ができて企業活動を円滑に進められて、結果として、世界中、どこでもコカ・コーラは安く飲めるようになっている(飲まないけれど)。

 

当たり前だが、入ってきたお金を全部使うのではなくて、ほとんど手をつけない状態、ルールを持つこと。最初の5年~10年のメインはとにかく「負けづらい投資」に回していくことだ。

 

自分でコントロールができ、尚且つ、再現性の高いもの。他人のコントロール下には絶対に置かないこと。これが肝。