日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストのつぶやきブログ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

不正選挙の証拠映像(画像)が続々と流出?

トランプおやじと軍産の配下であるバイデン。

 

さらにはバイデンの副大統領として出てきているカマラ・ハリス(こいつもバイデン級、いやそれ以上に中国に買収されている。夫は中国の投資顧問弁護士)。

 

ワイは現地(アメリカ)に信頼できる者たちがいるからよくわかるのだが、ニュースにならない本当の話、というのが多い。

 

現地ではまともな識者であれば、

 

「Voter Fraud(不正選挙)」

 

と言っている。

 

あまりに露骨な不正選挙が逆に面白くなってきた。

 

 

不正選挙の証拠が出てきたゾ?

 

バイデンじいさんは

 

「根拠のない不正という主張は恥である」

 

と言っているけれど、根拠、証拠がわんさか出てきて、これは裁判でも通用するだろう。

 

例えばこれだ。


ペンシルベニア州の証拠動画


最低でも数万票から数十万票が「操作」されているのがリアルタイムで録画されている。


当日の速報値では

 

Trump  1,690,589票
Biden   1,252,537票


となっているのだが、驚くなかれ、その数分後にトランプおやじの票がマイナス19,958票減り、バイデンのクソじじいの票がプラス19,958票増えていく。

 

結果、

 

Trump 1,670,631票 -19,958 votes
Biden  1,272,495票 +19,958 votes

 

という不思議な現象が起こる。

 

f:id:hateblochang:20201112095607p:plain

バイデン 選挙不定 証拠が続々と出てきた

こういった個人の動画はこれからどんどんツイッター社が削除していくだろうから、見られるうちに見ておくといい。

 

不正投票機の証拠動画

 

これがドミニオン社製の不正投票機の具体的な挙動だ!

 

 


トランプおやじの主張

 

トランプおやじの主張は

 

「投票を盗まれたあげく、それがバイデンに付け加えられた」

 

だ。

 

そして、これに対してバイデンクソじじい、大手マスゴミは、

 

「根拠のない主張だ」

 

と跳ねのけていたのだが、根拠があり過ぎるから面白い(こういったものはまだまだたくさんあるのだ)。


そしてこの記事だ。

 

jp.reuters.com


合法な票が集計され次第、トランプ政権2期目が発足すると言っている。

 

さて、日本のマスゴミたちよ。

 

キミたちはいつまでこれを無視できるのだろうか。


バイデンへの祝辞が面白い?

 

イギリスのトランプことボリス・ジョンソン。

 

彼のことは以前、何度か取り上げたが、彼の祝辞のツイッター画像がまた味があっていい。


画像の後ろを見ていただきたいのだが、

 

「透(す)かし」が入っており、

 

バイデンの後ろに「トランプ」が入っている。


現在は修正されてしまったようだが、以下に載せておく。

 

f:id:hateblochang:20201112094703j:plain

バイデンへの祝辞の後ろに見えるトランプの「透かし」文字

 

この記事(イギリス記事)はさらにわかりやすい。

www.independent.co.uk

もしもバイデンが大統領になったら?

まず中国へのお年玉としてまず台湾が侵略される。

そして、沖縄と尖閣諸島。おまけに宮古島、与那国島もセットで。

その後、日本へ米軍基地を除いたポイントへ何かしらの軍事攻撃をして、中国の念願だった東海省とする。

f:id:hateblochang:20201112094846j:plain

中国 日本を2050年までに東海省へ

 

このタイミングでプーチンが引退していれば、次の親分も日本領土を主張する。

 

経済面では、バイデンは単なるお飾りだからすぐに失脚。

 

カマラ・ハリス政権となって、世界は「悪いパターン(ハードランディング」での大恐慌へ突入する。

 

ざっくり地政学的に見ても、こういったシナリオが加速する、ということです。

 

ここまでを見て、個人がどうするか、何を準備するか、が問われる時代。

 

トランプが負ける、勝てない、ということはつまりはそういうこと。この時になって、日本はトランプ(とその後ろの人たち)に守られていた、ということがわかるだろう。