日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

今週も突き抜けよう!

f:id:hateblochang:20190318092221j:plain



金を投じるには、根拠が必要だ。

 

投じる根拠が薄ければ見送り、高ければリスクを許容した上でエントリーする。この繰り返しのみ。

 

あとはうまくいっても、いかなくても後から検証し、ベストプランだったのかどうかを確認する。

 

どの分野であれ、どうしたら最短で自己成長できるのかを考え、実行し、一流を目指すことだ。

 

世界経済の動き


まずはここから見ていくと、現時点での懸念材料は、米中貿易摩擦とブレグジット問題。

 

これにメドが立つまでは、大きな上場はまだ厳しいと見ている。

 

北朝鮮が非核化を中断すると発表。

f:id:hateblochang:20190318092639p:plain

北朝鮮核の非核化検討

演技の延長として、なぜこのニュースが今のタイミングで出てくるのかを考えれば、わかるだろう。

 

先週の日銀政策決定会合は、現状維持で政策変更なし。

 

表向きは現状維持だが、本当のところは、ステルスQE実行中なのだろう。紙幣を刷って、米経済を支え、円安に向かう動きから推測すれば、筋が通る。

 

普通であれば現状維持なら下げてもおかしくないタイミングで、売りは出ない。

 

北朝鮮の地政学リスクが出たのにも関わらず、こっちも売りは出ない。不自然な動きの時は、力学的に何かしらの圧がかかっているわけだ。どちらにしても、しばらくはもみ合い。

 

先物ベースで見て、21390円を抜ければ、もう一段の上昇を想定。

 

先物で見る理由は、いろいろあるが、切りのいい数字であることとチャートが見やすいためだ。


買いは基本的にこのポイントを抜けてくるまで、押し目待ちが有効。

 

日経指数のポイント

 

先物ベースで見ると、

 

上 21600円
下 21200円

 

買いポイント転換と見ている21390円を抜けてくれば、


1)21480円
2)21600円

 

と試していくと想定。逆に21200円を割ると、

 

1)21090円
2)20910円


上の限界ポイントは、22000円のキリ番。

 

f:id:hateblochang:20190318094455p:plain

日経先物チャート

チャート次第だが、下で買いを仕込みながら、ここで売り勝負をしかけたいと思っている。

 

勝負をするからには、負けは許されない。だから、負けない戦い方をするには、下で買いを仕込みながらターゲットポイントで売りを入れて両建てをすることだ。

 

NYダウのポイント


上値メドは

 

『2万6256ドル』

 

ここを抜けてくるまでは、目先は高値圏なので買えない。抜けてくるなら次の上値を試すので、押し目があれば何とかエントリーできそうな気はする。

 

下値メドは、『2万4987ドル』

 

ここを割ってくれば24000ドル前後までの調整を想定。どちらかというと、下値メドを割ったら売り。24000ドル手前で利確。

 

f:id:hateblochang:20190318094500p:plain

NYダウ日足チャート

パウエル株価下支えチームが奮闘している以上、下げ局面は欲張らず、6割でエグジットする。

 

こちらの方が優位性はあるかと思っている。

 

ドル円の動き

 

110.70が強いサポートライン。逆にここを割ると底が深いため、110.70を背にして、下がれば買う。

 

上のターゲットは、

 

111.82

 

ここを明確に抜けることができれば、次は『112.65』の上値を試す展開に入っていくので、このあたりから売り勝負をかけていくタイミングになる。

 

今のところは、110.70から111.82での揉み合い。

抜けたほうに動くと見ておく。

 

シンプルに、110.70を割れば、売り目線に切り替え、そうでない場合は、落ちたら買う。

 

先週は事前にお伝えした通り、下げても限界点は、110.350前後。

よって、110.40と110.30で指値エントリーをして、110.40のみが発動。

 

f:id:hateblochang:20190318092222p:plain

ドル円チャート

 

朝一で大きな含み益。


今週も突き抜けていこう!