日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストの日刊リアルFXトレード×筋トレライフ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

お金の殖やし方は超シンプルだ!という話【12年分の実体験】

f:id:hateblochang:20190809113645p:plain

お金の殖やし方 投資戦略

資本主義である以上、お金の殖やし方を知るのは、スポーツで例えるなら、プレイするためのルールを把握する、ということだ。

 

経済の暴落はサッカーで例えるなら、オフサイドトラップに近い。

 

何度もぎりぎりのところで反撃することが可能だ。

 

オフサイドトラップとはサッカーの守備の戦術。 攻めてくる選手とすれ違うように守備陣が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残す高度な守備テクニック。

 

ちなみにサッカーが世界的な人気スポーツになったのも、このオフサイドルールがあったから、とも言われている。

 

それくらい重要なルールなのだ。

 

 

基礎の「キ」だからこそ、最重要だ!

 

先に言っておくがこれは机上の空論ではない。ブログで書くにはもったいないくらいのことを書く。

 

お金を増やすために重要な戦略とは、結論から言えば、


毎月、同じことを繰り返す、という行為だ。


具体的には、

 

毎月、「投資金」をねん出し、資金投下する

 

という行為だ。


1年12回分、捻出した分でどんなことが起こっても資金を投下し続ける。たったこれだけのことで、資金は膨れ上がっていく。

 

当然、損(数字上のマイナス表示)をすることもあるが、トータルでは膨れ上がっていく。これがお金の増やし方であり、まわし方なのだ。

 

お金をまわすと何が起きるか?

f:id:hateblochang:20190809122826j:plain

お金の増やし方は超シンプルだ

お金をまわすことで、お金が引力を持ちはじめる。

 

つまり、他のお金を引き寄せて、「わたアメ」のようになっていく、こんなイメージだ。

 

例えば、毎月の給料が20万円なら、「5万円」を投資に回し続けると決める。

 

すると、年間12回の投資機会があるから、5万円を分散して、各分野に上限1万円として、5つ投資するとした場合、年間で60回の投資経験となる。

 

60回分、試すことができる、ということだ。

 

  • 仮想通貨
  • FX
  • 先物
  • 金(ゴールド)

 

どんな分野であれ、これがすべて経験値となる。

 

「お金を使って試す」という行為は資本主義下ではすさまじい効力を発揮する。


そして、この制度(資本主義)は、弱肉強食だからこそ、戦略がいるのだ。

 

朝から晩までこき使われて、投資する余裕もなく(考える暇もなく)働いている者もいれば、

 

インフィニティープールから記事を書きながら、コツコツ、積み上げている者もいるのだ。

 

そして、どちらもスタート地点は同じだったのだ。

 

さあ、戦い方を覚えよう!

f:id:hateblochang:20190809122905j:plain

お金の増やし方、投資の仕方、戦い方

カネを使わない、このタイプの人たちはいつの時代にもいる。

 

否定はしないが、いつまでも無料でやろうとすれば、やり方が雑となっていく。

 

例えば、ブログの記事にしても、無料だから、そこまで真剣に読むことはないし、実践する数は限りなくゼロに近いだろう。

 

これは悲しい現実だ。

 

しかし、資本主義というものは、カネで生存権を確保する、という構造になっているのだ。

 

例えば、カネを使って、コンビニで食料を調達し、提供した側はそのカネを給料とする。

 

カネを使わないと人は動かないのだ(ボランティアでコンビニ定員は誰もやらないだろう)。


毎月、お金を使える人と、使わない人、使えない人、いろいろだろうが、すべての個人は社長だ。

 

社長という立場でモノを考えれば、人を動かすことの重要性はわかるだろう。

 

お金をねん出できる人は、人を動かすことができるのだ。

 

STEP1 : 決めた額を捻出し続ける
STEP2 : お金を使う(投資する)
STEP3 : 戦い続ける(継続)

 


この行為が資本主義下ではもっとも有効であり、腕力となるのだ。

 

キレイごと抜きだ。


無料=負け?

 

結論は、資本主義の戦い方を知っている方が、長く戦えるのだ。

 

例えば、傾向としてお金を稼げないのは、毎月捻出できていない(概念すらない)。よって、カネを使わない(使えない)。

 

こういうタイプが圧倒的に多い。

 

毎月、捻出する者と無料でやろうとする者、一年後には差がつくのは、当たり前なのだ。

 

大多数は、無料に群がり、そうでない少数派は、費用対効果を重視して、カネを使うことを前提に、まず費用をかけるのだ。

 

20万円しか入ってこない場合なら、節約からスタートする。

 

大抵のうまくいっている人たちのスタート地点は、

 

  • 牛丼時代
  • 100円均一で売っているそう麺時代
  • アルバイト先のまかない&残り物で飯代を浮かす

 

こういった経験をしている者が多い。そして、浮かせた分を投資に回すのだ。


今の2万円は将来の1000万円?

f:id:hateblochang:20190809123039j:plain

お金の増やし方 投資法


複利、数字の概念を適用していくと、節約した投資金はどんどん膨れ上がることがわかる。

 

例えば、ストレス発散のためにキャバクラに行って、2万円を使ったA君。

 

我慢して、2万円を投資に回したB君。

 

同じ2万円だが、この2万円は、複利運用された結果、未来の100万円であり、1000万円なのだ。


毎月やることの重要性


毎月やると、費用対効果が得られるものとそうでないものがはっきりわかる。

 

何度も繰り返すと、見えてくるのだ。

 

例えば、

 

「新興国株は下落幅は大きいが、その後の上昇幅がデカいぞ」

 

とか。

 

これがわかってくると、資金(配分)をコントロールするタイミングもわかってくる。

 

※iDeCoなどはまさにそうだ。アホのように積立だけしている者とは圧倒的に差となる。


こういった行為を5年、10年継続したらどうなる?

 

お金を使うこと、未来のことを考えること、が仕事になるのだ。

 

経営者としてのレベルが上がる、ということだ。毎月、お金という従業員を使って、事業を大きくするために使う、考えるから当然だ。

 

結果的に、余計な仕事は激減し、可処分時間は増加しながらも、可処分所得が増えていく。

 

十分な時間が確保できるから「考える時間」が最上位のタスクとなり、お金はさらに増えていくのだ。


毎月5万円投資法をマスターせよ

f:id:hateblochang:20190809123303p:plain

毎月投資法 お金を増やす方法 株 FX

 

3万円でも、5万円でもいい。

 

まずは捻出し、捻出しても、生活レベルが問題ないよう状態にする。

投資にまわした分は、上がったり、下がったりするが、この3万円なり、5万円は、「毎月」の大砲なのだ。

 

次々と撃ち込まれていくから、当然下がることもあれば、上がることもある。

 

すると、投資先によっては、飛ぶものは、飛ぶし、中長期で「殖える」ものは、殖える。

 

おそらくこういったことを実行しているのは、1000人に一人、といったところだろう(もっと少ない)。

 

だから、1000人に一人だけがカネが増える。これが資本主義なのだ。

 

999人が増税で生活がジリ貧となっていく。当たり前の体制なのだ。資本主義を蹴り倒すのだ!

 


マスターすると決めたら、腹をくくろう!

 

基本戦略は実にシンプルだ。

 

1.捻出する
2.資金投下する
3.反応のいい投資媒体のみ残す


こうして、

 

  • 海外積立
  • 海外生命保険(財形)
  • iDeCo
  • 小規模企業共済
  • セーフティー共済
  • 学資保険(外債)
  • FX etc

 

と1つずつコップからこぼれた分を次のコップに投下して増えてきた。

 

この資金投下という「継続性」がある限り、破綻する可能性の方が圧倒的に低いのだ。(例えば、iDeCoで破綻させてみてくれ!)

 

www.tradelife.work

 

 

やっていればわかるが、ある時から、増殖する。

 

すると、リターンがあり、5万円が10万円となって返ってきて、その10万円を再投資する。そして、10万円が20万円になったりする。

 

ここで、自分を抑制して、再投資する者と浪費するものに分かれ、大半は浪費する方へと向かう。

 

資本主義=欠陥システム

f:id:hateblochang:20190809123710j:plain

毎月投資法の威力は絶大だ!お金の増やし方

満足を遅らせ、再投資に回すと資本主義とは、大きな欠陥システムだと気が付く。

 

やり続けている者だけが、お金の増殖を体感でき、体感できるから、より確信を持って、資本主義という仕組みに対して、毎月、爆弾を投げることができるのだ。

 

爆弾を投げつけないものは、当然、撃ち殺される(市場から退場する)。

 


FXに応用できるか?

 

この話は、実はFXにも応用できる。

 

例えば毎月1万円 捻出した分を口座に追加していき、運用していくのだ(決めたら毎月やる必要があり、毎月やるからこそ、経験値がたまっていく)。

 

※大体は一回入金したらそれを元に大もうけ!という思考でFXや株、ビジネスをやるが、違うのだ!


毎月FX口座に「エントリーしなくても」少しずつ現金で積立をしていくのだ。

 

こういった方法と、FXの最上位ノウハウを駆使していけばいい。

 

www.tradelife.work

 


株への応用はどうか?

 

もちろん可能。というよりも、株の積立を経済的な基本軸とすることがまず重要だろう。

 

そして、複利運用を徹底し、配当金は全て再投資に回すのだ。

※これはバフェットがずっとやっていることだ。

 

これをやることで、まず精神的な負担は軽くなる。

 

軽くなるから、より堅実な投資ができる。堅実だから、自立のためのメインエンジンとして機能する。

 

機能している、という安心感があるからこそ、他のカテゴリーへの投資が検討できるようになっていく。

 

結果としてどうなるか?

f:id:hateblochang:20190809123741j:plain

毎月投資法の威力は絶大だ!お金の増やし方 FX 株 積立


色々なところから様々の種類のお金が入ってくる。

 

・配当金
・外貨
・金利
・ビジネス

 

こういったものだ。


投資先はどれがいいのか?

 

まず考えるべきは、税金だ。

 

「何が控除されるか?」

 

を考えればいい。

 

なぜなら、経費として落とすことができるからだ。


経費として落とせる、ということは過去の経営者たちが

 

「これを経費で落としたらその経費分を投資に充てた場合、それ以上のリターンがある」

 

と判断しているから、それは経費として計上されるようになっているのだ。


なぜ「接待費」があるかといえば接待すれば数ヶ月後、もしくは数年後にビジネスが生まれて儲かるからだ。


税制を勉強して「儲けの構造」を見れば、どこに優先的に資金投下したらいいのかわかるだろう。


以上、日々、提供している有料コンテンツ級に近い状態のものをお伝えしたが、経済的に裕福になれるかなれないか、というのは

結果的に

 

「お金を使うのが仕事」

 

という状況になれるか、なれないか、ということだ。

 

注意点

 

投資には、ビギナーズラック、つまりたまたまがある。ビットコインのようなものだ。

 

結論だけ言えば、一気に上がるものは、フェイクだ。すぐに撤退するべきだ。

 

徐々に増えていく、という資産形成スパンを描くものだけを残せ!

 

これを理解して、実行すれば、必ず暇になっていく。

 

その間は、筋トレでもしておけばいい。

 

カネからどんどん離れるが、カネは殖える。そして人間を極めていけばいい。