日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストのつぶやきブログ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

お金が全てじゃない、の本当の意味を教えよう

f:id:hateblochang:20200120075616j:plain

お金が全てではない、本当の意味 日本でお金持ちになることは可能か

 

お金にまつわる話で、世間で大きく誤解されているのは、

 

「お金が好きな人=派手に散財してる人」

 

なのだが、これは大嘘だ。


「お金が好きな人=散財しない」

 

が正解。

 

将来お金が増えない消費をおさえ、その上で投資に回し、負けないでお金を増やそうとする人なのだ。


ワイはやっとここに気が付いた。

 

 

 お金と感情の関係


それでこのお金に対しての感情があるのだが、これが非常にやっかい(邪魔)なのだ。

 

だから、検証したり学んだりするかどうかによって微差が生まれ、差異となっていく(お金持ちかそうでないか)。

 

お金の神様はここを見ているのだと。


ここまで読んでくれる人ならお金が好きな人だと思う。

 

それなら今年はお金が減らないで増殖していくように、行動目標を毎日達成していこう。

 

その考え方の延長上に「検証行動」も付随してくるはずだ。

 

日本ではお金稼ぎ=悪いこと

 

みたいに言われることが多いのだが、これは大きくは役人たちの民衆支配によるプロパガンダに近い。

 

しかしワイがいる東南アジアでは、


みんなで豊かに(お金持ちに)なりましょう!


が合言葉になっている。

 

この「お金を好きなことを肯定する感情」からおそらく人の活力、勤勉さなんかが生まれるのだろう。

 

勤勉になり、よく働く。とにかく働く。

 

それでお金を好きになる。

 

税で締め付けられない。

 

とお金の大事さを肯定して、いつしか「負けない投資」に失敗しながらもたどり着き、検証という行為、考え方が宿り、さらに深く、分析したり、学んでいく姿勢が強化される。


日本では容疑者の段階から犯罪者扱いされるカルロス・ゴーン。

 

そしてそこに群がる人たち。きっとそういう者たちは一生この資本主義の考え方が分からないだろうが、やはりお金稼ぎを肯定する考え方こそは民衆が豊かになる思想として大事なのだ。


検証する、とはお金稼ぎを心の底から肯定してる必要がある。


何より、お金が好きな必要がある。

 

そしてそうなったら しっかりと節制もしながら、そこで検証も真面目に行える、勤勉さが身に着くのだ。

 

今こそ語ろう役人の本音

 

なぜ日本人の給料は下がり続けるのだろうか?

 

お金が嫌いな人たちが上に立った場合で、考えてみる。そうすると、日本で最もお金儲けがうまいのは、商人・・・ではなく役人となる。

 

お金を「税金」というシステムで自動的に奪い取り、そのマネーを徹底的に散財するのだ(共産主義者の特徴)。

 

下々たちがお金を稼ぐ努力をして、時にはリスクを取るなどして、得た命または油(お金)を役人は認めないのだ。

 

だから、民衆が死ぬ気で稼いだカネは奪い取り、税を増やし、増加し続ける天下り先へ散財、浪費しまくるのだ。

 

営業努力ゼロ。

 

上級国民はこう語る。

 

「みなさん、お金が全てではないですよ」

 

これをニコニコ顔で言うのだ。

 

そして、民衆を増税で締め付ける。

 

とにかく学ぼう。

 

そして、おカネ、または人の場所を日本から徐々に移動させよう。

 

場所の最適化とダウンサイジング化を駆使して、お金を殖やし、まずお金持ちになるべきだ。