日本の常識は“ほぼ”世界の非常識⁉BOBOSミニマリストのつぶやきブログ

ミニマリスト的筋トレ×リアルトレード(株、FXブログ)ライフの実践。ミニマリストのオレが本音でさらけ出す質実剛健オッサン健康ライフ

コロナウイルスで日本の対応が遅いワケ

f:id:hateblochang:20200302141047j:plain

コロナウイルスで日本の対応が遅いワケ

 

 

ワイがあれこれ書いても結局、陰謀論扱いを受けるのだろうが、本当の事を知ったところで、大衆がコントロールできるものではない。

 

我々ができるのは、上の政策に対しての対策。

 

コントロールできるものだけをコントロールする、ということだ(相場、特にFXにおいては、ロットとロスカットポイントは常にコントロールできる)。

 

なぜ無駄に恐怖が生まれたり、怒りの感情が生まれるのかと言うと、コントロールできない人、モノ、情報を何とかしようとするからだ。

 

そして、どうにもできないと得体のしれない恐怖を抱えることになる。

 

マイナスの面を見ればきりがないのだが、例えば「コロナウイルスのお陰」で仕事の仕方だとか、自由度、自宅勤務でできる仕事環境は今後、意識されていくだろうし、マスクなんかも品薄なら、自分でつくったり、仲間や家族で協力して乗り越えていけばいい。

 

前向きに捉えれば、教訓とする者にとってはサバイバル能力が上がるのだ。

 

コロナウイルスで日本の対応が遅いワケ

 

日本のコロナウイルスに対しての対応が遅い、という意見が多いと思うのだが、なぜかと言えば、日本の上級国民(最高権力者)のそのまた上は、米国政府なのだ。

 

だから、今回のようなウイルス騒動で米国が動いてくれない場合、日本という国は「指導者不在」となり、機能不全に陥る。

 

例えば、安倍首相は日本のリーダーだ、と思っているのかもしれないが、彼は大きな構造の中で見れば、米国がおり、その下に位置する官僚がおり、そのまた下に位置している、いわば中間管理職なのだ。

 

米国はトランプおやじ政権となってから依存を嫌う。

 

これがはっきり、正確に日本に伝えられて、コロナウイルスを教訓にするべきだ。

 

早く気づけば、これから改善していけるのだが、上層部がまだしがみつくなら、これから起こるであろう次の有事ではさらなる機能停止によるダメージを被ることになる。

 

日本政府がなぜダメなのか、というのは要するに、上からの指示待ち構造がずっとあり、それを隠しているからなのだ。

 

そのうち中国との国力は雲泥の差となるから、日本もアジアの地域覇権国である中国の属国になっていく。

 

もちろんコロナウイルスによって中国経済も破綻の危機に直面するかもしれないが、中国は言っても「まだ」新興市場なのだ。この国には、未来(実体経済の成長余力)がある。

 

そして、金融バブルも意図的に潰す策も、習近平が就任時からやっている。

 

こういった全体の構造があるからこそ、個がわざわざ国と心中する必要はなくて、マネーはアジアへと向かうから、一帯一路を見据えて、マネーを投じていけばいいわけです。

 

ビジネスライク、目先の話をすれば、コロナウイルスの詳細を誰よりもわかりやすく書くことで、アクセスは非常に集まるから通常の10分の1の労力で集客ができるだろう。

 

Youtubeで赤い頭巾をかぶって、

 

「(自作した)マスク売りのおっさん」

 

をやってもいい。

 

無料で配れば面白いことになるだろう。世界各国に乗り込んで、現地レポートをしてもいい(世界中の知識層がコロナウイルスをどう思っているのかをインタビューするだけでも面白い)。

 

チャンスもアイディアも常に無限なのだ。

 

教訓にする努力をする者が報われる時代

 

現実問題、雇われている人にとっては、試練の時です。

 

なぜなら

 

「通勤時間=恐怖時間」

 

だから。

 

※現在のコロナウイルスの致死率は風邪レベル。

 

一方、インターネットを駆使して準備してきた者は、引きこもった状態で仕事ができます。

 

プールサイドでも、どこからでもネット環境があれば、場所に縛られることはありません。

 

大事なのは、

 

「今回の教訓もしっかり人生に活かそう」

 

ということだ。

 

・大震災
・史上最強の台風
・新型ウイルス

 

すべてを経験してきているのなら、真剣に考えて活かすべきだ。

 

もうしばらくすれば、コロナは落ち着くのだろうが、その後も「何か」は起こる。

 

人工台風で街が水没するかもしれないし、水没後、泥などが乾いて、別のウイルスが蔓延するかもしれない。

 

つまり、人生とは常に準備であり、準備とは「備蓄」なのだ。

 

今回の例で言えば、

 

・マスク

 

となるわけだが、

 

他にも

 

・食料などの保存能力(冷蔵庫は投資です)
・電気系統の強化(鬼電源)

 

は重要になってくる。これはツイートした通り。

 

 

他にも

 

・収入の種類(家にいながら入る流れ)

 

こういったものを

 

『平時』

 

に準備するわけです。

 

そして、

 

「家で快適に過ごすためにお金を使う」

 

のです。


今回のウイルスのことを今後に活かす為にどうするか?

 

マスクつけて咳をする人と一緒の車両で満員電車で出勤する時間をどう思うか?

 

自分の人生はこれでいい。と開き直るか、忘れるか。

 

もしくは、自分の気持ちに正直になって、

 

「何かに制限されずに、心安らかに暮らしたい!」

 

を実現するか?(お金が無い=お金が無いことに怯える人生)

 

人生とは常に選択の連続であって、小さな行動の積み重ねなのだと思う。